ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルネサスモバイル、ARM Cortex-A15/A7でbig.LITTLE構成を採用した新型SoC「MP6530」とLTE cat 4対応の通信モデム「SP2532」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ルネサスモバイルは2月14日、ARM Cortex-A15/A7のbig.LITTLE構成を採用したクアッドコアCPU搭載のスマートフォン向け新型SoC「MP6530」と、LTE cat 4対応の第3世代通信モデム「SP2532」を発表しました。「MP6530は、デュアルCortex-A15とデュアルCortex-A7を使用した最大2GHz駆動のクアッドコアCPUや、LTE cat 4対応のマルチモードモデムなどをワンチップに統合したSoC。ターゲットは$200~$400のミッドレンジクラスのスマートフォン・タブレット。MP6530は2013年Q1中よりサンプル出荷される予定です。MP6530で採用された「big.LITTLE処理」は、ARMが提供するCPU選択技術で、タスクの負荷に応じて処理に使用するCPUコアを切り替えるというもの。スタンバイ時やメールの閲覧、音楽の再生などの負荷の低いタスクには省電力型のCortex-A7がメインに使用され、3Dゲームや動画のエンコードなど負荷の高いタスクにはCortex-A15までもが動作する仕組みです。この技術の採用により、省電力ながらも高いパフォーマンスも発揮できるSoCに仕上がっています。GPUにはPower VR SGX544を採用し、従来製品(MP5232)よりも300%GPU性能が向上、メモリとのデータ転送速度も300%向上し、フルHDディスプレイ、1080pでのHDMI出力やWi-Fiディスプレイ、1080p30ビデオのエンコード/デコードの同時動作にも対応。メインカメラは2,000万画素までの解像度に対応。静止画におけるリアルタイムの顔認識や手振れ補正、ノイズ除去技術にも対応可能とされています。内蔵の通信モデムは「MP5232」と同じくTD-LTE/FDD-LTE Cat-4 (下り最大150 Mbps/上り 最大50Mbps)、HSPA+(下り最大42Mbps/上り最大11.5Mbps)などに対応します。「SP2532」は、GSM/HSPA+/FDD-LTE/TDD-LTE対応のマルチモードモデムで、LTEはcat 4に対応しており、仕様上は下り最大150 Mbps/上り 最大50Mbpsのデータ通信が可能です。前世代製品「SP2531」と比べて45%小型化され、Cat 4の20MHz帯域で利用した場合、消費電力では業界標準の製品よりも最大20%低減できるとされています。Source : ルネサスモバイル



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Bump」がv3.4.9にアップデート、任意のファイルをPCに転送することが可能に
HTC One”M7”の米国における発売スケジュール情報とブラックカラーのプレス画像が流出
NTTドコモ、「ARROWS X F-02E」の予約受付を2月16日より実施、発売予定日は2月22日

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP