体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミニチュア?世界最少クラスのミラーレス一眼!向井理CMで話題のナノ一眼「PENTAX Q10」【女性が選ぶ小型ミラーレス一眼】



「女性が選ぶ女性のための家電」をテーマにする家電チャンネルの副編集長 西岡舞子(家電戦隊リーダー 家電ちゃんピンク)が人気のミラーレス一眼を女の子目線でチェックします。

小型で使いやすいことで人気のミラーレス一眼ですが、最近では半端無く小型化が進んで、コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)もビックリのちっちゃいミラーレス一眼が増えています。

女の子は、やっぱり、ちっちゃくて、かわいいモノが好き。家電ちゃんピンクこと、私も、まえまえから気になって仕方なかった小型ミラーレス一眼をチェックしてみることにしました。

今回は、PENTAXから発売されている世界最小クラスのデジタル一眼、「PENTAX Q10」です。

「PENTAX Q10」は2012年10月26日発売。本体はボディ単体が34,800円、ズームレンズキットが49,800円、ダブルズームキットが69,800円(いずれもPentax Online Shop価格)。

121213_q10_02_960

女性の手にピッタリな大きすぎないコンパクトなボディ

PENTAX Q10は、幅が約102.0mm×高さ58.0mm×厚さ33.5mm、専用電池とSDカードを含むめても重さ約200という軽さです。さらに本体のみでは約180gですので、大型のスマートフォン1台分とほぼ同じくらいに軽いミラーレス一眼なのです。

大きさも女性の手のひらにも収まるサイズです。これほど小さいのに、レンズ交換できるデジタル一眼なのですから驚きです。その秘密は、ペンタックスが独自開発した「Qマウント」です。この「Qマウント」によってレンズ交換ができるわけです。また「Qマウント」は、専用のアダプターを使用することで、PENTAXの豊富なKマウントレンズのほとんどを利用することがでるのでもうれしいところです。ミニチュアみたいにコンパクトですけど、レンズを交換して本格的な一眼ならではの写真を楽しむことができるのがPENTAX Q10なのです。

★家電ちゃんピンク Voice
なんといっても驚くのがこの小ささです。私は手が小さめなのですが、それでも手のひらにちょこんと載るサイズには感動しました。このサイズなら毎日持ち歩きたくなります!

121213_q10_03_960

上面には操作ダイヤルやシャッターボタンを搭載

★家電ちゃんピンク Voice
PENTAX Q10は、ミニチュアみたいにコンパクトなのですが、シャッターボタンが押しやすいのでカメラを構えながら普通サイズのデジタル一眼のようにスムーズなシャッターが切れます。操作ダイヤルが少し固めなのも不要な誤操作を防いでくれるのでいい感じです。

■ミニチュアのような小型ボディながら高性能!クリアな写真が撮影できるナノ一眼
PENTAX Q10の本体はとてもコンパクトなのですが、写真のクオリティに妥協はなしです。小型でも効率よく光が取り込める裏面照射型のCMOSセンサーと、その能力を最大限に引き出す画像処理エンジンを搭載、最高ISO感度6400までの高感度設定、有効画素数1240万画素の高解像度など、ノイズを抑えて階調表現に優れた美しい写真が撮影できる機能を備えています。

121213_q10_04_960

背面液晶は3.0インチで大きく見やすい

シャッタースピードは最高1/2000秒まで設定できるので、動きの激しいスポーツの決定的なシーンや噴水の水しぶき、ペットの動き・表情など、動く被写体でも一瞬のチャンスを逃さずに撮影できます。さらに秒間最高約5コマの高速連写機能を使えば決定的瞬間はもう逃しません。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。