体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BOHEMIANS、lego big morlら熱演! 〈タワレコメン〉特別編レポ

 

 

タワーレコードのバイヤーが耳と直感だけでセレクトしたアーティストの作品を店頭で大きくプッシュする同名キャンペーンとの連動ライヴ企画〈タワレコメン〉。その特別編として2月13日に東京・Shibuya O-EASTで行った〈スペシャルタワレコメンVol.2〉のレポートをお届けします!

 

或る感覚 (photo by 埼玉泰史)

 

シーンの最前線で活躍する注目グループが集ったこの日のオープングを担当したのは、大胆不敵なライヴ・パフォーマンスや言動で話題の4人組バンド、或る感覚。オーディエンスが固唾を呑んで見守るなか、「めっちゃ緊張する~」とつぶやきながらも突然ステージ上でうがいを始める肝の据わりっぷりを見せつけ、そのままキレッキレのアンサンブルが炸裂する“鬼”に突入します。鋭角的なギター・サウンドとダンサブルなグルーヴが融合した“city style alternative blues”“ヒーロー”といったナンバーで攻めたて、ラストの“アイラブユー”では、フロントマンのロンがキーボードに登って鍵盤を足で踏みつけるなど、見事な暴れっぷりを披露してくれました!

 

ふくろうず (photo by 埼玉泰史)

 

続いて本編のトップを飾ったのは、内田万里(ヴォーカル/キーボード)のどこかほのぼのとした歌声と、磨き抜かれたシンプルかつポップなサウンドで評価を集める〈ただのJ-POPバンド〉ことふくろうず。ギターのゆるやかなフィードバックから、優しい音色が広がる“砂漠の流刑地”でライヴの幕を切って落とします。安西卓丸(ベース)のヴォーカルが映える“街はいつも雨のよう”や“グッドナイトイズカミング”など小気味良いテンポの楽曲、独特のループ感がクセになる“トゥーファ”“ループする”といった初期のナンバーなど、ヒネリの効いたポップ・ソングを連発。MCでは、この日がバレンタインデー前日ということもあり、安西の「小学4年生の頃に死ぬほどモテた」という自慢話(?)も披露され会場が笑いに包まれます。最後は、センチメンタルな“サタデーナイト”、代表曲のひとつと言える“ごめんね”、そして“優しい人”をパフォーマンスし、ふくろうずならではの心地よい余韻を残してステージを後にしました。

 

lego big morl (photo by 埼玉泰史)

 

次に現れたのは、残念ながらイヴェント直前にタナカヒロキ(ギター)が健康上の都合で不参加となってしまった4人組ロック・バンド、lego big morl。冒頭でカナタタケヒロ(ヴォーカル/ギター)がオーディエンスに改めて事情を説明し、「今日は3人で演奏することになりましたが、おもいっきりやっていくんで最後まで楽しんでいってください!」と固い決意を伝えます。ライヴはハンデを情熱で補うような“ワープ”でスタートし、3人で髪を振り乱しての“knock to me”、力強いビートに会場がますますヒートアップした“Hit song crazy”など、どこまでも熱いプレイの波状攻撃。そしてラストは、カナタの「僕らはこの状況を前向きに考えています」との言葉通り、彼がアコーステック・ギターを手にして、珍しい弾き語りで“Re:Union”をじっくりと歌い上げます。途中で歌詞を忘れたカナタに、オーディエンスが歌って教える一幕も見られるなど、ファンとの信頼関係が垣間見えたステージとなりました。

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。