体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春モデル本命の実力は!?5インチフルHD液晶やクアッドコアCPUなどを搭載したドコモ向けXiスマホ「Xperia Z SO-02E」をベンチマークでチェック【レポート】


Xperia Z SO-02Eをベンチマーク測定!
NTTドコモから先週9日(土)に発売開始された「2013年春モデル」のうちのイチオシモデルのAndroidスマートフォン「Xperia Z SO-02E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

Xperia Zは、人気スマホ「iPhone5」を大きく超える443ppiの画素密度を誇る5インチ大画面フルHDディスプレイや1.5GHzクアッドコアCPU、2,330mAh大容量バッテリー、2GBメモリー(RAM)、有効約1310万画素裏面照射型CMOSカメラなどを搭載し、防水・防塵、おサイフケータイ(FelicaおよびNFC)、ワンセグ、赤外線などの“全部入り”とも言える機能を搭載し、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を採用したXi対応のハイスペックスマートフォンです。

また、いわゆる“全部入り”モデルながらわずか7.9mmに収めたガラス製の防水薄型フラットボディに収めているところも注目となっています。

今回は、そのXperia Z SO-02Eでベンチマークアプリを用いてパフォーマンスの実力を試してみましたので紹介していきたいと思います。

ベンチマークアプリは「Quadrant Standard Edtion」および「AnTuTu 安兎兎ベンチマーク」を利用して計測をおこなっています。それぞれ3回測定して、平均値を出しました。

02 03 04 05 06 07

機種Quadrant Standard EdtionAnTuTu 安兎兎ベンチマークXperia Z SO-02E1回目:7884平均
77401回目:20856平均
208562回目:77362回目:210243回目:76003回目:20811

Xperia Z SO-02Eはチップセットとして最新の28nmプロセスで製造された1.5GHzクアッドコアCPU「Quad Krait」やGPU「Adreno 320」を搭載した「Snapdragon S4 Prp」によるQUALCOMM製「APQ8064」を採用しています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。