ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Archos、IPS液晶とクアッドコアCPUを搭載したAndroid 4.1タブレットシリーズ”Platinum”を発表、8インチ/9.7インチ/11.6インチモデルをラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのタブレットメーカー Archosは現地時間2月14日、同社がCES 2013で初めて披露した”Platinum”シリーズのAndroidタブレットのラインアップと価格を発表しました。”Platinum”シリーズは、高解像度のIPS液晶ディスプレイとクアッドコアプロセッサを搭載したGoogle Play対応のAndroid 4.1(Jelly Bean)タブレット。高性能ながらも、価格が$199~という安さが魅力となっています。ラインアップは画面サイズ別に3種類で、8インチ1,024×768ピクセルの「Archos 80 Platinum」は$199、9.7インチ2048×1536ピクセルの「Archos 97 Platinum HD」は$299、そして、CES 2013では披露されたなかった11.6インチ1,920×1,080ピクセルの「Archos 116 Platinum HD」が$349。8インチモデルと9.7インチモデルは2月に、11.6インチモデルは4月に発売される予定です。プロセッサはAllwinner A31 1.2GHzクアッドコア(Cortex-A7×4、GPUは8コアのPower VR-SGX544MP)、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用できます(最大64GB)。カメラは前後に搭載されています。外部端子はMicro USB、Mini HDMI、Micro SDカードスロット、3.5mmオーディオジャックを搭載。マイクやステレオスピーカーも内蔵されています。Source : Archos(PDF)



(juggly.cn)記事関連リンク
金魚の図鑑アプリ「日本金魚図鑑-Japanese goldfish-」がAndroidアプリになって登場
国内向けNexus 7 Wi-Fi版にもAndroid 4.2.2(JDQ39)へのアップデートが配信中
Samsung、スマートウォッチ「Galaxy Altius」を開発中か?スクリーンショットが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP