ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“宇宙”にこだわり続けるDJジェフ・ミルズの新作は日本科学未来館館長・毛利衛氏とのコラボ! 貴重なリミックスにも注目

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


テクノシーンを代表するDJ/プロデューサーであるJEFF MILLS(ジェフミルズ)。日本でも最大級の屋内レイヴイベント「WIRE」に4年連続で出演するなど人気が高いアーティストです。

ジェフ・ミルズは伝説的なテクノ・ユニット「Underground Resistance」の一員として活動していた活動初期、そしてソロとして活動を開始してから現在に至るまで、“宇宙”というテーマにこだわり続けており、宇宙飛行士の毛利衛氏とのスペシャルコラボが決定しました。

現在、日本科学未来館館長を務める毛利衛氏とジェフ・ミルズは昨年2012年に初対面。様々な意見が交換されると同時に、毛利氏はジェフ・ミルズに未来館の「Geo-Cosmos」(※)が展示されるシンボルゾーンで流れる音楽の制作を依頼(これまでは坂本龍一氏によるオリジナル音楽が流れていた)。

またジェフ・ミルズは、エレクトロニック・ミュージックとスペーストラベルを毛利氏とミックスしていくというアイデアを提案、毛利氏が快諾したことにより、2つの音楽プロジェクトが始動することになりました。

ジェフ・ミルズが音楽を製作するにあたり、実際に宇宙空間に身をおいた毛利氏の宇宙観を共有するため、毛利氏がオリジナル・ストーリーを作成、これを元に最新作『Where Light Ends』を制作したということで、2人の出会いによって誰も想像し得なかったコラボレーション作品が誕生することになります。

なお、この作品は2CDとなっており、DISC2には日本人リミキサー陣による作品が収録される予定。過去、ジェフ・ミルズの作品をリミックスしたのは、KEN ISHIIとBEN SIMSの2人のみで、これらの楽曲も数量限定の12インチアナログとして発売されたのみ。どの様なラインナップが公開されるのか、テクノファンとしては非常に気になる所です。

ジェフ・ミルズの新作『Where Light Ends』は3月27日に発売。

※1000万画素を超える高解像度で、宇宙に輝く地球の姿を映し出す有機ELパネルを使った世界初の地球ディスプレイ。日本科学未来館のシンボル展示。


『Where Light Ends』
価格:\2,580 (税抜 \2,457)
仕様: 2CD / ブックレット / ジュエルケース

[DISC 1]
1. T-Minus And Holding
2. STS-47; Up Into The Beyond
3. Light Of Electric Energy
4. Black Cosmic Space
5. Earth And The Geo-Cosmos
6. Life Support
7. Centerless
8. The Inhabitants
9. Deadly Rays (Of A Hot White Sun)
10. Extra Solar Planets (WASP 17b)
11. Way Back

[DISC 2]
日本人アーティスト達によるリミックス曲を収録。

[ブックレット]
毛利衛(日本科学未来館館長・宇宙飛行士) によるオリジナルストーリーを収録したブックレットを封入、Jeff Millsによる作品解説、各リミキサーによる作品解説収録予定。

Photo by 葛西龍
撮影協力:日本科学未来館

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP