体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関東・沖縄で本日発売!新しい「INFOBAR」はここが凄い!auのデザインスマホ「INFOBAR A02」を写真と動画でチェック!〜使い勝手・デザイン編〜【レポート】


いよいよ本日発売開始の「INFOBAR A02」は買いだ!
KDDIおよび沖縄セルラーは1月24日に、2013年春モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を発表した。

既報の通り、関東・沖縄地域において、本体カラーが「NISHIKIGO」および「ICE GRAY」の2色については、本日2月15日(金)から発売を開始した。

今回は、そんなA02をさらに知るべく「INFOBAR発表会」において、展示機で試したINFOBARらしい使い勝手や追求されたデザイン、専用ケースを紹介する。前回の外観編と合わせて参考にして欲しい。

■ホーム画面、ユーザーインターフェイス

130124_a02_15_960 130124_a02_16_960

ホーム画面はタイル型のパネルが並ぶINFOBARらしいデザインだが、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)にあわせ、従来のiida UI(イイダ・ユーアイ)も新たに設計された「iida UI 2.0」を搭載する。

縦スクロール時の特長的なアニメーションが大きなインパクトを与えるが、細かな部分で進化しているのがこのiida UI 2.0だ。

130124_a02_17_960

ツール関連のアプリ

130124_a02_18_960

auのサービス系アプリ

130124_a02_19_960

設定関連のアプリ

130124_a02_21_960

ワイヤレスとネットワークの設定画面。NFC/おサイフケータイにも対応
「セクションバー」によって各カテゴリー別にタイルを整理できる。セクションバーをタップすることで、パネル(アプリアイコン)を表示、非表示にすることが可能だ。

130124_a02_20_960

List View
さらに、ホームを右にフリックすると左側に存在する「List View(リスト・ビュー)」画面がスクロールして表示される。このList Viewはあらかじめ用意されたカテゴリー毎に設定やアプリを表示することができる。また、ホーム画面を右にフリックするほかに、サイドキーの「ファンクションキー」を押して表示することも可能。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。