ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの“たまごっち”のAndroidアプリ版『Tamagotchi L.i.f.e.』が海外でリリース、APKファイルもダウンロード可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あのペット育成ゲーム“たまごっち”がAndroidアプリになって戻ってきました。ただ、残念ながら、リリースされたのは海外の『Google Playストア』で、日本の『Google Playストア』からは入手できません(下記のリンクからAPKファイルがダウンロードできます)。

アプリの内容は、たまご型のゲーム機に、白黒の液晶画面、下部に3つの操作ボタンを備えた初期の『たまごっち』をそのまま再現したものとなっています。操作方法や育て方は当時の『たまごっち』と同じ。アプリはバックグラウンドで動作するので、閉じていてもゲームが進行していくようになっています。たまごっちからの呼び出しは通知されます。外装は選べるようになっています(最後は白でしょうね)。あと、たまごっちの写真を撮影して『Twitter』や『Facebook』に投稿する機能もあります。

『たまごっち』は、たまごから孵化したペットを相手に、餌を与えて空腹を満たしてあげたり、遊んでやってご機嫌をとったり、糞を流して周りを清潔にしたり、しつけをしたりと世話をして成長させていくという内容のゲームです。体重やその時の機嫌などでどんなキャラクターに成長(変身)するか分からず、餌を与えずにほったらかしておくと死んでしまったりします。けっこう面倒なゲームですが、時間をかけて育てることでキャラクターに愛情を注ぐようになり、世話をするのが楽しくなります。90年代の第一次ブームではかなりの人気があって全国的に入手しづらかったことを思い出します。
Tamagotchi L.i.f.e.』(Google Playストア)※こちらのリンクからAPKファイルがダウンロードできます。



(juggly.cn)記事関連リンク
Qualcomm、同社の急速充電技術「Quick Charge 1.0」が70以上のSnapdragon端末で採用されていることを発表
Xperia ZL、カナダでは今年4月に発売、複数のキャリアが販売を予定
Nexus 4をAndroid 4.2.2(JDQ39)にアップデートすると非公式に利用できていたLTEが利用できなくなるらしい

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。