体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽院のイケメンワルたちに振り回されろ! 大人気乙女ゲー最新作「VitaminR」キャスト&画面写真解禁

昨年5周年を迎えた人気乙女ゲーム『Vitamin』シリーズ最新作、「VitaminR」のキャラクターと画面写真が本日解禁。先日、舞浜で行なわれた「VitaminX」のイベントでも発表され、ファンが熱狂した豪華キャスト陣が明らかとなっています。

【関連記事】たつ兄、小野D、よっちん、男性声優陣のおバカなやりとりに大爆笑! 「VitaminX」トーク&ライブイベントに乙女熱狂
http://otajo.jp/p/12521

「VitaminR」の舞台は全寮制の名門・アヴニール音楽院。主人公の西野優那(名前変更可能)は音楽のことはまったく知らないが、なぜか音楽院に転職することにになり、ClassRの担任になったことで、世間知らずで破天荒な性格の“W6”(ワルロク)たちに振り回される日々を送るというストーリーです。プラットフォームはPSPで、2013年発売予定。W6と、メイン教師キャラクター“L6”のCVはこちら。

【W6(ワルロク)】
鈴木達央(藤重一真役)
小野大輔(望月玲央役)
鳥海浩輔(ジャン・フェリックス・ヴァロー役)
菅沼久義(灰羽カオル役)
岸尾だいすけ(赤桐瑛太役)
吉野裕行(朝比奈司役)

【L6(エルロク)】
杉田智和(レオン・シャルル・ヴァロー役)
三宅健太(ブルーノ・ヴェロン役)
織田優成(ジル・ラグランジュ役)
井上和彦(新城勇次郎役)
宮田幸季(緋野クリス役)
阪口大助(マルコ・ラグランジュ役)

と、ファン必見の超豪華な声優さんが集結。W6のメンバーは「VitaminX」の“B6”と同一のキャスト陣であり、一人の声優さんがシリーズ内のゲームで違うキャラクターを演じるという点も話題を呼んでいます。

『Vitamin』シリーズは、ゲームのみならずキャラクターソングやイベントも毎回大人気に。「VitaminR」も今後どの様な展開をみせるのか、今から期待が高まります。

各キャラクターの詳細は、以下からご覧ください。

■“悪魔のヴァイオリニスト” 藤重 一真(ふじしげ かずま)/鈴木達央

ClassR及びW6のリーダー的な存在でクラスをまとめるフロントマン。天才肌で自分以上にヴァイオリンをうまく弾ける人間はこの世の中にいないと思っている。事実天才的な感性を持っており、「百年に一度の逸材」と理事長からいわれる程の期待をされていた。しかし過去に起きたとある事件をきっかけにエリート街道から転落。その演奏の様は破壊的で「悪魔のヴァイオリスト」「魔王子」と呼ばれることも。

■“絶対零度、氷のチェリスト” 望月 玲央(もちづき れお)/小野大輔

ClassRに所属してるW6の一人で、いわゆるナンバー2、参謀役的な存在。日本人とフランス人とのハーフ。冷酷で無関心、我関せずタイプだが音楽に対しての情熱は計り知れない。チェロ以外に興味がなく、実技の授業以外は欠席する始末で常にクールを装うため周りに対して冷たい態度をとることも多い。一真とは長い付き合いだが、お互いライバル的な関係でもある。時折寒いギャグを言うことも。

■“月夜のヴィオラ” ジャン・フェリックス・ヴァロー/鳥海浩輔
ClassRに所属してるW6のメンバーでW6随一の超金持ち。おっとりとした雰囲気を漂わせるも、独特な話術に真意をなかなか読み取ることができない。学校行事や授業も欠席が多く、主人公の指導ものらりくらりとかわしてしまう。他の人には見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえることもあるらしい。母国語であるフランス語を口に出すこともしばしば。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy