体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀江貴文さんが6月までに仮釈放される3つの理由

堀江貴文さんが6月までに仮釈放される3つの理由

今回は森江博文さんのブログ『堀江貴文さんの早期仮釈放を応援するブロマガ』からご寄稿いただきました。

堀江貴文さんが6月までに仮釈放される3つの理由

初めまして、モリエモンこと森江博文と申します。

私は昨年、喜連川社会復帰促進センターで鈴木宗男さんと一緒に服役しておりました。

現在は出所し、普通の生活を送っております。

私が逮捕された理由は背任です。

自分では冤罪だと確信しておりますが、もう済んでしまったことですし、前科一犯の身になってしまった者が何を言っても負け犬の遠吠えにしかならないので、これ以上ウダウダ言うつもりもありません。

先日のニコ生
「ホリエモンの満漢全席」 2013年02月07日 『堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル』
http://ch.nicovideo.jp/horiemon/live

にひろゆきさんがゲスト出演しており、私が喜連川社会復帰促進センターに服役していたことをコメントしたところ、思ったよりも反応してもらえたことが嬉しく、こんな自分でも人に興味をもってもらえる話題を提供できるのであればと思い、初めてブロマガに挑戦してみた次第です。

文章を書くのは不慣れですが、暖かく見守っていただければ幸いです。

※堀江貴文さんは現在、長野刑務所に服役されておりますが、仮釈放のシステムは全国共通です。

堀江貴文さんが今年6月までに仮釈放される3つの理由

・その1「衛生工である」

堀江貴文さんの刑期は今年の11月までですが、遅くとも今年の6月までには仮釈放される可能性が高いです。恐らく、4ピン5ピンもらえるでしょう。

4ピンというのは刑務所用語で、「全服役期間の4分の1を仮釈放期間にする」という意味です。
5ピンなら5分の1が仮釈放期間になります。

鈴木宗男さんは4ピンで仮釈放になりました。

堀江貴文さんも鈴木宗男さんと同じく衛生工(喜連川では衛生工は赤い帽子を被る為、通称、「赤帽」と呼ばれていました)
として働いておりますので、労働時間が他の受刑者よりも多少長い為、4ピンをもらえるのではないでしょうか。少なくとも5ピンはもらえる筈です。

堀江さんの刑期は未決拘留期間を差し引いて2年と4ヶ月半ですので、4ピンなら7ヶ月、5ピンなら5ヶ月半になります。

仮に5ピンだとしても、満期の11月から5ヶ月半を差し引けば遅くとも6月中の仮釈放ということになります。

・その2「仮釈放準備面接」

また、もうひとつの根拠としては、先日のメルマガ

「堀江貴文のブログでは言えない話」 『堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル』
http://ch.nicovideo.jp/horiemon/blomaga

において、堀江さんは「仮釈放準備面接」(通称、準面)を受けたと書かれていたことがあげられます。

準面を受けるとバッチの色が変わり二種に昇格し、問題無ければ通常半年以内には仮釈放されます。

準面から仮釈放までの間には「仮釈放本番面接」(通称、本面)があり、そこで正式に仮釈放の日程が決まります。

ちなみに刑期が短い人は準面が無く、本面しか行わない場合もあります。私も本面のみで仮釈放になりました。

仮釈放の日程が決定しても受刑者にはすぐには知らされません。

受刑者は仮釈放の二週間前に「釈放前教室」(通称、釈前)に居室が移動しますので、そこで初めて二週間後に仮釈放されることを知ります。

朝食後、突然刑務官から釈前への移動を命ぜられます。

喜連川の場合は毎週木曜日が釈前対象者の移動日でしたので、本面が終わった受刑者は毎週自分が呼ばれないか一喜一憂するのです。

仮釈放期間中は居住地域が定めれており、その地域の「保護司」と呼ばれるボランティアの方に報告をしなければなりません。

準面を受けると保護司も決まり、保護司は身元引受人の面談をします。

身元引受人は通常、仮釈放時に刑務所での出迎えを推奨されるため、身元引受人へは受刑者よりも先に仮釈放日が伝えられている可能性もあります。

しかし、面会や手紙等で受刑者に二週間前より早く仮釈放日を伝えることは禁止されています。

仮釈放の場合は喜連川は毎週水曜日に仮釈放されますが、鈴木宗男さんの場合は例外で火曜日に仮釈放されました。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。