体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SIMフリースマホと10インチタブレット!2つのスタイルを自在に使える「PadFone 2」 -ASUS 2013モデル-【最新タブレット指南】

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

今や世界を代表するPCメーカーでもある台湾のASUSは、OSにAndroidやWindows 8を搭載し、既存のノートPCからタブレット、キーボードドックとドッキングしてタブレットとしてもノートPCスタイルとしても利用できる、多種多様なモデルを市場に送り出している、

そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されている最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、SIMフリー対応のスマートフォン利用のほかに同梱のタブレット型のStationに装着することで、10.1インチタブレットとしても活用できるユニークな製品「PadFone 2」を紹介しよう。

■薄くて軽い!スマホ・タブレット間でのデータ共有も簡単
PadFone 2は、4.7インチ(1280×720ドット)液晶を搭載するスマートフォン本体を10.1インチタブレット型のStationに装着することにより、スマートフォンとタブレット、2つの使い方ができる。

PadFone 2本体をタブレット型のStationに装着させると、Stationの電源が入り本体のデータがStationに即座に転送される。スマートフォン(本体)とタブレット(Station)間のデータ転送といった手間の必要無しでスマートフォンで楽しんでいたWebや動画をタブレットの大画面で満喫することができる。なお、Stationに本体を装着しないとStation側の電源は入らない。

スマートフォン本体のサイズは幅68.9mm×奥行き137mm×厚さ9mmで、最薄部は3.3mm、重さは135gと、同サイズのスマートフォンと比べても薄く軽いのが特徴だ。Stationとドッキングさせて10.1インチタブレットとして利用した場合でも約649gと通常の10インチタブレットとほぼ変わらない軽さを実現しており、手軽にスマートフォンとして使ったり、本体を装着してタブレットとして使ったりすることができる。

130204_asus_padfone2_02

タブレットとして利用する際は、本体をタブレット型Stationの背面に装着させて利用する

130204_asus_padfone2_03

スマートフォン本体を取り外すとStationは自動的に電源オフとなる

130204_asus_padfone2_04

Stationのディスプレイサイズは10.1型ワイド。解像度は1280×800ドット(WXGA)と高画質

130204_asus_padfone2_05

スマートフォン本体をStationに装着した状態の背面

■脅威的な大容量バッテリー!本体とStationによるスタミナは抜群
PadFone 2の魅力は、スマートフォン本体をタブレット型Stationに降着してタブレット利用もできる珍しい構造だが、本体のスマートフォン機能にも魅力がある。

130204_asus_padfone2_06

本体の着脱はStation上部からスライドさせるように行う

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。