ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラフォーまで結婚しなかった理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2000年ごろから生涯未婚率は上昇を続けていて、2010年の調査では女性の生涯未婚率は11.9%。男性時よりも女性の上昇ぶりが顕著だ(参考:「急上昇する女性の値・生涯未婚率をグラフ化してみる」

女性が結婚しなくなった理由は、女性に経済力がついたこと、さまざまなライフスタイルが認められるようになったことのほか、男性の非正規雇用者が増加したことなどが考えられている。ただ、実際のアラフォー独女の理由としては「気がついたら、この年齢まで独身だった」というものがリアルではないか。

「なんとなく35歳くらいまでには結婚できると思っていました」とは、静江さん(40歳)。仕事はハードだけど十分な収入があり、とくに30代前半は結婚願望がほとんどなかったそう。

「ちょうど30歳で彼と別れたのですが、彼以上に“結婚したい”と思える人が現れなかったんです。さらに30代は仕事が楽しく、忙しい時期だったので、合コンなど出会いの場にほとんど顔を出しませんでした。飲み友達も多くて、独身でいる淋しさもなし。だけど、40歳になると周りも遊び疲れてきたり仕事が忙しくなったりして、友達が減ってくるように。今さらだけど、お金も体力もある30代でやりたいことを満喫して、40歳で出産するのがいちばんよかったのでは? と考えますね」

静江さんは現在、結婚をしていないことより賃貸住まいであることに不安を感じているとか。「まだ結婚はあきらめていませんが、マンション購入を真剣に考えています」。

一美さん(37歳)は「35歳までは婚活に励んでいました」。交際に至った相手もいたが、彼の実家のある地方で家業を継ぐのが結婚の条件。結局、断ってしまった。

「バリバリのキャリウーマンというわけでもなく、彼氏もいない自分はとても中途半端。周囲からは『結婚もしないで何をしているの?』と言われることもあり、30代前半は悩んでばかりでした。だけどある時、自分が結婚していないことにコンプレックスを感じていて、それがストレスになっていることに気がついたんです。

それ以来、世間一般の価値観通りに生きられないことに負い目を感じたり、自分を責めたりするのはやめようと思いました。シングルでも自分が嫌じゃない生き方をすればいい。女性向けキャリア誌のライフスタイルをお手本にする必要もないんです(笑)」

一美さんは華やかなキャリアを持っているわけではないけれど、「働くことがとても好き」。最近は海外ボランティアにも参加し、社会貢献という新たな道を見出したそうだ。

実家暮らしで彼氏持ちなのが、優子さん(36歳)。彼との間に結婚話は出ていないが、とくに焦ってはいないとか。

「学生時代から、だいたい彼氏はいますね。別れてもまた新しい彼と恋愛をして……と繰り返していたらこんな年齢になっていました(笑)。今の彼とは職場恋愛なのですが、長年の経験から、合コンや飲み会で出会う人たちはどこか安心できない気がしています。実際、婚活中の友人5~6人がお見合いパーティや街コンなどに積極的に参加しているけれど、ここ2年、みんな目立った成果がない。

アラフォーは、どうしても年齢がネックになって不利なのかも。私はまだ恋愛を楽しみたいけれど、本気で婚活をするのなら、周囲の男性を改めてチェックし直したり知り合いに紹介を求めるのが、一番手っ取り早いと思います」

仕事、生きがい、恋愛とジャンルは異なるものの、アラフォー独女たちは自分の着地点をしっかりと見つけている。結婚してもしなくても、シンプルに今日が幸せだったらよしとしよう。(来布十和)

外部サイト

アラフォーまで結婚しなかった理由
「女って面倒くせえ」と男がドン引きするのはこんな瞬間
【オトナ女子映画部】女をいい女にするのはダメな男?『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7406822/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP