ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「強引すぎる捜査」に警察が激怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカで大ヒットした検死ミステリードラマ『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』が、満を持して日本に上陸。セル・レンタルともにDVDが順次リリースされている。

 家庭より仕事を優先したため夫と離婚し、時折、娘に会うのが生きがいだった脳神経外科医のミーガン。ある日、車の衝突事故に遭い、その後遺症で医師のキャリアを諦めることになる。心機一転、検死官に転身した彼女は、強引な捜査で上司や相棒をハラハラさせ、警察を怒らせていたが、高い能力で一目を置かれるように。持ち前の医療知識と鋭い洞察力、そして“犯罪犠牲者の遺体は事件を語る”という信念を武器に、執念深く事件の手がかりを見つけていく。

 死体に残された僅かなメッセージに耳を傾け、事件の真相をドラマチックに紐解く。医療と捜査が融合した『ボディ・オブ・プルーフ』は、全米で1400万人も視聴者を獲得し『BONES』を凌ぐ大ヒット作に。『デスパレートな妻たち』でカリスマ主婦のキャサリンに扮したダナ・デラニーが演じるヒロインのミーガンは、優秀だが人間的には難あり。一匹狼の彼女が徐々に仲間たちに心を開き、娘との関係を修復するため人間的に成長していく姿もファンから支持されている。

 本作品のロゴ入りペン型LEDライトを2名様にプレゼント。シーズン3の放送も決定した人気ドラマをお見逃しなく。

『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』(発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)
2月 6日(水) シーズン1一挙レンタル開始
2月 6日(水) シーズン1COMPLETE BOX 発売開始/10,500円(税込)
2月20日(水) シーズン2 レンタル開始!以降順次リリース予定
3月 6日(水) シーズン2 コレクターズ BOX Part1発売開始/10,500円(税込)
3月20日(水) シーズン2 コレクターズ BOX Part2発売開始/10,500円(税込)

プレゼント概要

『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』ペン型LEDライト
当選人数2名様※DVDは賞品に含まれません

【応募方法】
MOVIE ENTER公式Twitterアカウント「@movie_enter」をフォローのうえ、
本記事のURL(http://news.livedoor.com/article/detail/7403021/)をツイートしてください。

【応募期間】
2月13日(水)~ 3月15日(金)17時まで
※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、3日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
 ・応募時の内容に記載不備がある場合。
 ・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。

作品情報

『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』 – 公式サイト
第1話無料配信中

【関連記事】
【特集】『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言』
「ドクターX」大門未知子が海外ドラマに登場!? 全米が虜になった強烈ヒロイン

MOVIE ENTERのTOPへ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7403021/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP