ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPSがユニバーサルに移籍、ライヴ・ネイションと提携で本格世界進出も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

L’Arc~en~CielのHYDEとOBLIVION DUSTのK.A.Zが2008年に結成したロック・ユニット、VAMPSがユニバーサル・ミュージック/デリシャス・デリ・レコーズに移籍。さらにマドンナ、U2、レディ・ガガなどのワールド・ツアーを手がけている世界規模のコンサート興行カンパニー、ライヴ・ネイションと提携し、次なる海外ツアーに向けての準備を進めていることがあきらかとなった。

ユニバーサル ミュージック・グループ・インターナショナルの最高責任者のアンドリュー・クロンフェルドは、「今回、日本を代表するロック・バンド、VAMPSをユニバーサルミュージック・グループに迎えることができて大変光栄に思っています。彼らのパフォーマンス力と素晴らしい楽曲群は世界基準を優に超え、日本発信の世界セールスを期待できますし、我々は総力を結して世界の舞台での成功という結果を残したいと思っています」とコメント。ライヴ・ネイション・ジャパンの代表社長、竹下フランク氏は、「ライヴ・ネイション・ジャパンとして本格的な海外ツアーを組む初のアーティストがVAMPSであることは本当に光栄。VAMPSのパフォーマンス力を欧米に見せつけたい」と期待を寄せている。

VAMPSはこれまでも海外で積極的に活動を展開しており、ワールド・ツアーとして北米、南米、ヨーロッパ、アジアでのライヴを敢行。南米のセールス・チャートでは、アルバム『BEAST』が日本人アーティスト初の4位を記録するなど、すでに世界各地で人気を博している。グローバル・カンパニーであるユニバーサルへの移籍とライヴ・ネイションとの提携で、本格的な海外進出が実現しそうだ。

なお、移籍第1弾として、全49本に及んだツアー〈VAMPS LIVE 2012〉のファイナルとして行われた大阪・Zepp Namba公演のWOWOW放送を再編集して収めた映像作品「VAMPS LIVE 2012」が4月24日に登場。ライヴ本編のみを収録した通常盤と、ファン垂涎のドキュメントが追加された初回限定盤の2種類が用意され、初回限定盤はVAMPS初のBlu-ray盤も発売となる。各仕様には〈VAMPS CHANCE応募シリアルナンバー〉が1枚封入されるので、ファンはぜひチェックしよう!

 

〈VAMPS 「VAMPS LIVE 2012」収録予定内容〉
・VAMPIRE DEPRESSION
・KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-
・SECRET IN MY HEART
・DEVIL SIDE
・ANGEL TRIP
・LOVE ADDICT
・MEMORIES
ほか

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP