ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一日の終わりはペタ返しで!アメブロのペタを自動で返してくれる便利なツールアプリ「今日のペタ(β)」【Androidアプリ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


手動でペタ返しはやってらんない!といった方はこれで
アメーバブログには、手動で足跡を残せる機能として「ペタ」機能があるのだが、最初のうちは楽しくてペタペタしていても、そのうちめんどうになってくる。特にペタをしてくれた人へのペタ返しがなんだか義務感のように思えてくるとだんだん苦痛になってくるケースもあるだろう。

また、訪問したら自動に足跡が残るのではなく、ペタのページを開いて、ペタをして、ペタ終了のページが開いて…といった手順でそもそも何回もページを読み込むめんどうな仕様でもあり、そういった点もだんだんめんどうになってくる要因の一つとも言えるだろう。

そこで、今回はは、わざわざ相手のブログやプロフィールページに行かなくても、もちろんペタのページにアクセスしなくても、自動でペタをしてくれる便利なAndroidアプリ「今日のペタ(β)」を紹介したいと思う。


ペタ管理の画面
アプリを起動すると、ペタ管理の画面が表示される。初回だけ、アメーバのIDとパスワードを入力するログイン画面が最初に表示されるのでログインすれば、このペタ管理の画面になる。ここでは、「昨日以前のペタ取得」「今日のペタ取得」と、「ついたペタ」「つけたペタ」を選択することができる。

当日分は「今日のペタ取得」でできるが、7日前までさかのぼってペタを取得することもできる。


何日前のペタを取得するかを選択(画像左)と選択した日のペタを取得中画面(画像右)
「昨日以前のペタ取得」を選択すると何日前のペタを取得するか選択する。一気に3日分や7日分といった取得方法ではなく“1日単位”となる。また、ペタがない日や8日前以前のペタ情報は取得できない。


ペタ付けてくれた人の名前が表示される(画像左)とペタのタイプを選択(画像右)
ペタ情報を取得するとペタを付けてくれた人の名前が表示される。ペタ返しをしたくない人がいればこの画面で名前の右側にあるチェックを外すして進む。

次に、ペタのタイプを選択する画面になり、「プロフィールから」か「ブログから」が選択できる。毎回プロフィールからのペタだと明らかに相手のブログを見てないもしくは興味がないというのがバレバレになるので、ここで「ブログから」のペタにしておけば、ブログも見てますよというアピールにもなる。

逆にブログは見ていませんよというアピールをしたい場合は、「プロフィールから」を選択すればよいだろう。


ペタ返し中
前の画面で「プロフィールから」か「ブログから」を選択したら、ペタ返しが開始する。人数や回線状態によっては時間がかかる場合もあるので、人数が多い場合はここまで進んで放置しておくとよいだろう。


ちゃんとペタが付いているか確認もできる(画像左)。手動ペタも可能(画像右)
この今日のペタ(β)は、ブラウザアプリのため、そのまま相手のブログやプロフィールページにアクセスすることもできる。試しにペタがちゃんと付いているかどうかを確認したり、8日前より以前のペタ情報が取得できない人へは、直接ブログやプロフィールに訪問してペタを手動で付けることもできる。

ペタにかける時間がない、もしくはなるだけ時間をかけたくないという人で一応ペタ返しはしたいかな、、、なんて人にはおすすめだ。

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

アプリ名:今日のペタ(β)
価格:無料
カテゴリ:ソーシャルネットワーク
開発者:ZmTK
バージョン:1.0.4b
ANDROID 要件:2.2 以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.auto.peta

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
Androidアプリ特集 – S-MAX – ライブドアブログ
Ameba

外部サイト

一日の終わりはペタ返しで!アメブロのペタを自動で返してくれる便利なツールアプリ「今日のペタ(β)」【Androidアプリ】
UQコミュニケーションズ、UQ WiMAXサービスの累計契約数が400万を突破!約半年で100万契約増
サクサクとコンボが繋がる気持ちよさ!「ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7404179/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP