ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華ゲスト参加! ギタリストYoshito Tanakaの初リーダー・アルバム登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

数々の人気アーティストと仕事をしてきたギタリスト/サウンド・プロデューサーのYoshito Tanaka(田中義人)による初のリーダー・アルバム『THE 12-YEAR EXPERIMENT』が、本日2月12日に店頭入荷日を迎えた。


Yoshito Tanaka
『THE 12-YEAR EXPERIMENT』ジャケット画像

北海道・札幌出身のYoshito Tanakaは、monday満ちるのバンドやMondo Grossoのアルバム『MG4』などへの参加を経てサウンド・プロデューサーとしての活動を開始。これまでにスガシカオ、今井美樹、中島美嘉、椎名純平、bird、CHEMISTRY、akiko、佐藤竹善、森山直太朗、土岐麻子、カサリンチュ、MUCC、藤巻亮太らの作品を手掛け、ギタリストとしてもスガや中島、birdに加え今井美樹、葉加瀬太郎、レミオロメン、Superfly、ケツメイシ、FUNKY MONKEY BABYSなど錚々たるメンツのレコーディング、ライヴのサポート、アレンジなどを担当。そのプレイ・スタイルは高い評価を受けている。

彼が自らプロデュースした個人名義での初アルバム『THE 12-YEAR EXPERIMENT』は、スガシカオを迎えた“Dance Dance”や、阿部芙蓉美が歌う“Love Enough”、タプリック・スウィージーを招いた“Funkazool”と“Back To 1984 Timeline”、ミトカツユキがマイクを取る“Get Into The Groove”など、ゲスト・ヴォーカルが参加したナンバーを含む全12曲で構成。ソウルやファンク、ディスコ、エレクトロなど、歴史やジャンルを縦横無尽に飛び回るような音楽への探究心で作り上げられた作品となっている。なお、ジャケットのアートワークは気鋭のクリエイティブ集団・BLACK BELT JONES DCが担当。気になる人はぜひチェックを!

★【冬名盤】タワレコスタイル×Yoshito Tanaka(田中義人) セレクションの特設ページはこちらから

 

〈Yoshito Tanaka 『THE 12-YEAR EXPERIMENT』収録曲〉
1. Re Start (intro)
2. Funkazool Guest Vo. Taprikk Sweezee
3. Boogie On Guitarman
4. Love Enough Guest Vo. 阿部芙蓉美
5. Endorphin Dance
6. Electrodelic Land~If I Was A Rock Star
7. Back To 1984 Timeline Guest Vo. Taprikk Sweezee
8. Get Into The Groove Guest Vo. ミトカツユキ
9. Blackbird Flies
10. Skinny Dipper
11. End Roll (outro)
12. Dance Dance Guest Vo. スガシカオ

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP