ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SHV-E300S(Galax S IV?)がGL Benchmarkの公式サイトに登場、フルHDディスプレイ・1890MHz駆動のSnapdragon S4 Proを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung未発表の韓国SKテレコム向けスマートフォン「SHV-E300S」がGL Benchmarkの公式サイトに現れました。SHV-E300Sは別のベンチマークアプリのテスト結果から、1.8GHz駆動のCPUとAndroid 4.2.1を搭載したハイエンドモデルで、Galaxy S IVのSKテレコム版と予想されています。GL Benchmarkの公式サイトによると、OSバージョンはAndroid 4.2.1(JOP40D)、CPUクロックは384~1890MHz、GPUはAdreno 320、解像度は1,980×1,080ピクセル。プロセッサはSnapdragon S4 Proのようです。解像度がちょうどフルHDなので、オンスクリーンボタンは採用されていないと考えられます。フィンガープリント情報”samsung/jflteskt/jflteskt:4.2.1/JOP40D/E300SKSUFMB2:user/release-keys”から、コードネームは”jflteskt”と見られます。”jf”がシリーズ全体のコードネームで、”lteskt”はLTE対応のSKテレコム版を意味すると予想できます。Galaxy S IVでは、5インチフルHDディスプレイとExynos 5 Octaが採用されると噂されています。解像度は一致してますが、プロセッサが噂とは異なります。Galaxy S IIIでは、、一部のLTE対応版でSnapdragon S4が採用されていますが、Galaxy Note IIからLTE対応版でもExynosプロセッサが採用されているので、Galaxy S IVでも全モデルでExynos 5 Octaが採用されると仮定した場合、SHV-E300SはGalaxy S IVではない可能性があります。もちろん、プロセッサの世代が異なるので、Exynos 5 Octaの初期版でLTEに対応するかどうかは判明していませんが・・・。Source : GL Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、Optimus G Pro韓国版を同社のFacebookページ上で公開
Androidアプリ「LINE Tools」にQRコードリーダー・単位変換・サイズ換算機能が追加
Galaxy Nexus(HSPA+版)、Nexus 7、Nexus 10にAndroid 4.2.2(JDQ39)へのアップデートが配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。