ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニーク賃貸 犬飼育限定マンションや猫付きマンション登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通常の物件とは違い、借り手の趣味やライフスタイルに合わせた“+α”がある賃貸物件が増えている。

“ペット可”ではなく、犬を飼っていることが入居条件なのは、東京・三鷹市の『K9 Style one』。オーナー会社である山文の広報担当者は犬と心地よく暮らせる住宅を作りたかったそう。

「堂々と犬を飼ってもらえるよう、あえて一緒に暮らすことを条件にしました。犬が家の中でも走り回れるよう、床はすべりにくい資材を使用。壁は消臭、防音対応で犬がほえても外には聞こえにくい構造になっています」(広報担当者)

 またマンション下には動物病院やサロンも付いており、緊急時にも安心。

 60平方メートル超のメゾネット住宅もある。入口には犬の足洗い場、4階にはドッグランも設置されている。

 東京・墨田区の『タワースクエア東向島』は、殺処分になる猫を行政から引き取り、里親を探す活動をしている東京キャットガーディアンが2010年から運営している『猫付きマンション』。

 猫付きといっても部屋にあらかじめ猫がいるわけではなく、契約者は同団体の審査を受けた後、同団体が保護している1才以上の成猫たちの中から一緒に暮らす猫を自由に選ぶことができる。

「契約者は猫を預かるという立場ですから、所有権は東京キャットガーディアン側にあります。契約期間中のえさ代や医療費は契約者持ちですが、それ以外の猫を飼うにあたっての費用はかかりません」(東京キャットガーディアン代表・山本葉子さん)

“生涯の伴侶”にしたいなら譲渡も可能だが、もしも転勤や病気などでマンションをやむを得ず出ていく場合は同団体に猫を返すことになる。

「その点では高齢者や単身赴任のかたでも安心して猫を飼えます」(山本さん)

※女性セブン2013年2月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゴールドからブルー免許になったときの裏技 被保険者を変更
触ると宝くじ当たる猫 4年間の当せん総額は5億6000万円超
定期特約付終身保険 “終身”の名で一生保障続くとの誤解も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。