ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今まで間違ってた…自分の品位をアップする「正しい敬語」の使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫
130208keigo.jpg

日頃、言い慣れていないと、とっても複雑に感じてしまう「敬語」の使い分け

「敬語」とひとくくりに言っても、さらに、尊敬語、謙譲語、ていねい語、美化語など、細かく分かれています☆
そもそも、なぜ敬語という言葉があるかといいますと、「相手をうやまう」という気持ちを形に表して相手に伝えるための、日本古来のステキな文化です。

正しく身についた敬語は、その人の「品格」をアップします。ですので、マナーを覚えておいて損はないですよ。
敬語のマナーとしてとくに気をつけたいのは、次の2点です。

1. 敬語を多用しない
ふたつ以上の敬語を「て」で繋いで使うことを「敬語連結」といいます。相手によっては、慇懃だったり、まわりくどい印象を与えてしまうので注意しましょう。


・「お気を悪くされていらっしゃいませんか」
→「お気を悪くされていませんか」
・「お見えになっていらっしゃいます」
→「お見えになっています」

※どちらも「お」が尊敬語なので、「いらっしゃいます」は不用です。

2. 同じ種類の敬語を二重に使わない。
こちらは「二重敬語」と呼ばれており、マナー違反になります。


・「お召し上がりになられた」
→「召し上がった」
※「召し上がった」は、「食べる」の敬語形です。
・「部長がお話になられます」
→「部長がお話になります」
※「お」が尊敬語なので、「られる」は不用です。

いかがでしょうか。正しい敬語の使い方をマスターすれば、ステキ女子度アップ↑ 間違いなしですよ^^☆

photo by Thinkstock/Getty Images
(恋のマナーガイド/似鳥よーこりん☆)



(グリッティ)記事関連リンク
インテリアのカラートレンド、「ときめき」を誘ってくれる色で部屋を彩る!
今すぐベッドへ! ストレスを癒す3つの方法
別れた時はどうする!? カレと同棲を始める前に確認しておきたいお金のこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。