体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

WM3800Rでdocomo Wi-Fiに接続!
今月7日に発売されたばかりのWiMAXに対応したNECアクセステクニカ製モバイルWi-Fiルータ「Aterm WM3800R」(以下、WM3800R)は、前モデル「Aterm WM3600R」(以下、WM3600R)と同様、公衆無線LANの接続機能も搭載する。

対応する公衆無線LANサービスで公式ではないが、NTTドコモが提供する「docomo Wi-Fi」に接続することも可能になっており、WM3800R側に設定を行うことで接続ができる。そこで今回は、WM3800Rにおけるdocomo Wi-Fiへの設定方法を紹介する。

まずはdocomo Wi-Fiの接続のための「ユーザID」と「パスワード」の確認を行う。スマートフォン向けの「spモード」契約をしている場合、

dメニュー」→「お客様サポート」→「各種設定(一覧を見る)」→「spモード各種設定」→「docomo Wi-Fi設定」

にて、docomo Wi-FiのユーザIDとパスワードを確認する事ができる。

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

docomo Wi-FiのユーザID、パスワードを確認
続いて、上記で確認したユーザID、パスワードをWM3800Rに設定を行う。

WM3800Rに接続した状態で、http://aterm.me/ にアクセスし、

ユーザ名:admin
パスワード:自分で設定したパスワード

でログインを行い、以下の設定を変更する。

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

公衆無線LAN > 接続先設定

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

公衆無線LAN > 接続先設定 > 接続先登録

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

ホットスポットの「登録する」にチェックを入れて「設定」

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ 「Aterm WM3800R」で「docomo Wi-Fi」を使用する方法【ハウツー】

ホットスポットの内容を「編集する」
「ホットスポット」として登録されている情報を、以下の内容に編集する。

■設定内容
接続先名:docomo Wi-Fi (名前は任意)
ネットワーク名(SSID):docomo
暗号化モード:WEP
暗号化キー:e3f4aad65c (共通)
ログインID:*******-spmode@docomo (spモードの場合)
パスワード:********

ログインIDとパスワードは、先ほど確認したdocomo Wi-Fiログイン用のIDとパスワードを設定する。

上記の設定が終わると、WM3800Rがdocomo Wi-Fi利用可能エリアでdocomo Wi-Fiに接続する事が可能となる。

docomo Wi-Fiへの接続は、公衆無線LANの接続に対応しているモバイルWi-Fiルータの中でも、自動ログインに対応した端末が少なくなっている中で、WiMAXルーターであるWM3800Rが自動ログインに対応しているのは嬉しい。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。