体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【子供のため?親のため?2013年春モデルとして登場した子供向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」特集】


ジュニア向けのスマートフォンは定番となるのか?「SH-05E」特集!
2013年2月1日(金)から発売を開始した、NTTドコモの2013年春モデルで、Android 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich;ICS)を採用したシャープ製のスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」(以下、SH-05E)は、ジュニア向けのスマートフォンとして、ドコモの2012年秋発売モデルでシャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE si SH-01E」をベースに子供が安心に利用できるよう各種制限機能を搭載したモデルです。

9歳から12歳(小学校4年生~中学一年生)くらいまでをターゲット層に開発されたSH-05Eは、2012年8月1日(水)に発売された「らくらくスマートフォン F-12D」同様、Android向けのマーケット「Google Play」に対応せず、Googleのアカウント設定も必要としないAndroidスマートフォンです。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも、1月の発表会以降、数回に渡り紹介していきましたが、今回はこのSH-05Eに関する記事を一気にまとめて紹介します!

SH-05Eが初代となってジュニア向けスマートフォンが定番となっていくのか、それともこの機種が最初で最後のジュニア向けとなるのか!?是非各記事をチェックしてみてください!

NTTドコモ、青少年がより安心・安全に使うことができるスマートフォンの提供へ
【子供のため?親のため?2013年春モデルとして登場した子供向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」特集】NTTドコモは31日、青少年に向けてスマートフォンをより安心・安全に利用できることを目的として、コンテンツやアプリ利用に配慮したスマートフォン、さらには安心してアプリが利用できるための機能を提供すると発表した。2012年度内を目途に提供開始する予定。同社では、「スマートフォン利用の急速な拡大に伴い、安心・安全へのニーズが高まってきており、そのニーズにお応えするサービスの一環」として、今回の取り組みについて検討をしているという。

NTTドコモ、安心安全なスマホデビューを応援するジュニア向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を発表
【子供のため?親のため?2013年春モデルとして登場した子供向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」特集】NTTドコモは10日、ジュニア向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を発表しました。発売時期は2013年2月上旬予定。スマートフォン for ジュニア SH-05Eは、子供に通常のスマートフォンを持たせるのは不安というニーズや、キッズケータイでは物足りなくなっている子供向けのスマートフォンで、9歳から12歳(小学校4年生~中学一年生)くらいまでをターゲット層とした子供向け端末です。ドコモは昨年10月に、コンテンツやアプリ利用に配慮し青少年が安心、安全に利用できるスマートフォンを2012年度中に提供することを発表していました。また、スマートフォン for ジュニア SH-05E向けの専用パケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」を提供することも合わせて発表しています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。