ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモ2013年春モデルの本命「Xperia Z SO-02E」購入!……した時にもらったチラシにスマートフォンが抱える問題の一端を見る【レポート】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

祝Xperia Z購入!…って、後ろのチラシは何!?
2月9日に販売が開始されたNTTドコモの2013年春モデルXperia Z SO-02E」。筆者もホワイトを予約購入しましたが、発売日の販売店窓口は混雑しており出だしは順調のようです。

実際に使用してみてのレポートは別の機会にお届けするとして、今回は購入時に書類と一緒に渡されたチラシが、最近のスマートフォンが抱える問題を反映していて印象的だったので紹介します。NTTドコモに限らず携帯電話事業者はスマートフォンを本当に自信をもって提供しているのかと考えさせられる内容です。

問題のチラシはこちら。「スマートフォンを快適にご利用頂く為のアドバイス」と称して、スマートフォンの利用に際して問題になりやすい事象とその対応策が案内されています。

【ヨドバシカメラマルチメディア札幌にてXperia Z購入時に配布されたチラシ】

画面が固まる「フリーズ」に対しては不要アプリのアンインストールや停止、アプリが突然終了する「強制終了」に対してはスマートフォンが処理しきれなくなるから複数のタップ操作をしないこと、急に電源が落ちる「電源再起動」に対しては設定変更などのタイミングであらかじめ電源のON/OFFをすることが推奨されています。さらに安定動作のために1日1回スマートフォンの電源OFF/ONを呼びかけています。

ただ冷静に考えれば、これらの対応策はあくまで事象の「回避策」であり、問題の本質を解決するわけではありません。問題の本質的な解決(=スマートフォンの製品品質向上)を行うべきは端末やサービスを提供する側であり、このチラシは問題が解決できていないツケをユーザーに負担させているように見えます。

特に「強制終了」の原因を(複数のタップ操作を行った)ユーザーの責任にしているのはさすがに的外れです。いうまでもなく強制終了の最大の原因はアプリの不具合で、対応する責任はアプリの開発者にあるはずです。

アプリの実装レベルで問題がなくても、端末や他のアプリとの相性で異常終了が発生するケースもないとは言えませんが、それにしても本来ユーザーがどうこう言われる話ではありません。

このチラシにはNTTドコモのロゴが印刷されています。実際にNTTドコモがどの程度関わったのかは不明ですが、ロゴが印刷されている以上ユーザーは「NTTドコモからの案内」と解釈します。「ウチの製品にはこんな問題があるから、ユーザーのみなさんはこうやって回避してください」と案内しているようなものです。

もし本当にNTTドコモ自身が関わっているのなら、このようなチラシでユーザーに回避策による対応をお願いする前に、まずは事象を発生させない(現実的には事象の発生頻度を下げる)ため自ら努力するべきでしょう。

NTTドコモはじめ携帯電話事業者は安易な回避策の広報で逃げるのではなく、本質的な品質向上を真剣に考えて対応に動いていただきたいと感じたチラシの内容でした。

【肝心のXperia Z。今のところチラシのような事象は起こっていないが…】

記事執筆:えど(吉川英一)
■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
【本日発売!201 3年春モデルの大 本命スマートフォ ン「Xperia Z SO-02E」特集】 – S-MAX – ライブドアブログ
docomo NEXT series Xperia Z SO-02E(NTTドコモ)
Xperia Z(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

外部サイト

ドコモ2013年春モデルの本命「Xperia Z SO-02E」購入!……した時にもらったチラシにスマートフォンが抱える問題の一端を見る【レポート】
キャラクターもBGMもかわいい!中毒性100%の大人気パズルゲーム「LINE POP」【iPhoneアプリ】【Androidアプリ】
Androidスマートフォンやタブレットで使える!SoftBank SELECTIONの「Wired Keyboard for Android」を試した!ついでにWindows 8のタブレットでも使えるか試してみた【レビュー】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7399763/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP