体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidスマートフォンやタブレットで使える!SoftBank SELECTIONの「Wired Keyboard for Android」を試した!ついでにWindows 8のタブレットでも使えるか試してみた【レビュー】


スマホ向けキーボードとしてはなかなかいい感じ!
ソフトバンクモバイルから発売されているモトローラ・モビリティ製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」(以下、201M)をMNPで購入し、その際の「のりかえ割」対象により特典をゲットした事をお伝えしたが、その中の一つ「SoftBank SELECTION Wired Keyboard for Android (型番:SB-KB06-WUSB/BK)」(以下、Wiredキーボード)を実際に使ってみたので使用感や対応機種などについてレビューする。

■Wiredキーボードって何?
前回も少し触れたが、Wiredキーボードは、2012年8月24日に発売されたAndroid向けの有線接続型キーボードで、USBケーブルでスマートフォンとキーボードを接続することで、文字入力や各種操作がキーボードで操作できる。「SoftBank SELECTION」の取扱店および公式のオンラインショップで購入することができ、価格はオープンだがオンラインショップでは3,980円で販売されている。

130204_sbselection_04

パッケージ表面(画像左)と裏面(画像右)

130204_sbselection_05

内箱を開けたところ

130204_sbselection_06

Wiredキーボード本体と同梱品
パッケージの裏面には製品の仕様が記載されており、開けるとWiredキーボード本体などが収められている内箱が入っている。内箱を開けるとWiredキーボード本体とスマートフォンと接続するための専用microUSBケーブルが1本、Wiredキーボードを収納するための専用ポーチが1個、保証書付きの取扱説明書が1枚同梱されている。

■接続方法

130204_sbselection_07

USBケーブル

130204_sbselection_08

正常に接続できればランプが光る
microUSBケーブルは、Wiredキーボードに接続する側とスマートフォンに接続する側が分かるようになっている。反対に接続すると動作しないので、接続する側を間違えないように注意が必要。Wiredキーボードは電源を必要とする仕様だが、ACアダプタからではなく、スマートフォンから電源を取る。

スマートフォンと正常に接続できれば、Wiredキーボードに2つあるランプの右側が点灯する。他のデバイスや異なるケーブルを接続して動作しない際はこのランプが点灯しない。ちなみに左側のランプはCaps LockがON状態の際に点灯する。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。