ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z SO-02Eのホームアプリなどをドコモ製からSony Mobile製に変更して本来の姿に戻す方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z SO-02Eの初期状態では、ホームアプリがドコモ独自の「Pallete UI」で、電話帳などのアプリの一部もドコモ製がデフォルトアプリとして設定されていますが、それらをSony Mobile製のも変更してXperia Z本体の姿に戻してあげる方法を紹介します。操作は簡単です。まず、Xperia Z SO-02Eの設定メニューを開き、中段あたりの「Xperia」をタップします。リスト下に「優先アプリ設定」という項目があるのでそれをタップ。すると、ホーム画面、ロック画面、電話帳、動画・音楽プレイヤーをドコモ製とSony Mobile製のどちらかにできるメニューが表示されます。その中の「一括」を開いて「Xperia」を選択すると、上記5種類が全てSony Mobile製に変わり、本来の姿に戻ります。ドコモ製に切り替える場合は「ドコモ」を選択します。「一括」以外の項目では、アプリごとにどちらのものを使用するか決めることができます。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
インド Lava、低価格な7インチJelly Beanタブレット「Lava eTab Xtron」を発表
米国のGoogle PlayストアでNexus 4 8GBモデルが欠品に。Nexus 4の販売数が100万台に達したとの推測も伝えられる
NTTドコモ、Android 4.1以上向けspモードメールアプリをv6150にアップデート、連携アプリに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP