体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次元が違う高画質!フルサイズデジ一眼の写真が撮れる高級すぎるコンデジ「サイバーショット DSC-RX1」【女子が気になるコンデジ】


「女性が選ぶ女性のための家電」をテーマにする家電チャンネルの副編集長 西岡舞子(家電戦隊リーダー 家電ちゃんピンク)が女子が気になるコンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)を女の子目線でチェックします。

ケータイやスマートフォンのカメラは使うけど、デジカメ自体を持ったことがないという女性も多いのではないでしょうか。今でこそ小型のミラーレス一眼の種類も増えてきましたが、やはり初めて購入する入門カメラとしてコンデジを選ぶ方もまだまだ多いかと思います。

コンデジは、カメラ本体が小さく軽く持ち歩くのも苦にならないだけではなく、価格の安さも魅力です。また、最近では、本体カラーも選べたり、防水や無線LANなど特別な機能を搭載したりと、楽しさも満載です。

女性が選ぶポイントはデザインと使いやすさです。種類が多すぎて、どれを選んでいいか分からない!といった声を聞くことも多く、購入する際の悩みになっています。そこで、家電ちゃんピンクの私が、女性が気になるコンデジをピックアップしてチェックしてみようと思います。

今回は、ソニーの35mmフルサイズセンサー搭載コンデジ「サイバーショット DSC-RX1」です。

「サイバーショット DSC-RX1」は、2012年11月16日発売、値段は248,000円(税込)(ソニーストアショップ価格)。

IMG_5095[1]

フルサイズセンサー搭載なのにサイズはコンデジ
DSC-RX1は、ハイエンドデジタル一眼カメラと同じフルサイズの撮像素子を搭載しながら、大きさ113.3mm(幅) x 65.4mm(高さ) x 69.6mm(奥行)、重さが約482g(バッテリーNP-BX1、“メモリースティック デュオ”を含む) /約453g(本体のみ)という、デジタル一眼カメラの半分ほどの軽さを実現しています。コンデジの気軽さでプロもビックリなフルサイズ画質を持ち歩けるカメラなのです。

レンズは、F値(開放)F2の明るい焦点距離35mm カールツァイス「ゾナーT」単焦点レンズを搭載。CMOSイメージセンサーは、35mmフルサイズで有効約2430万画素、ISO102400の高感度にも対応しています。撮影機能では、パノラマやトイカメラ・水彩画調・イラスト調の加工ができるピクチャーエフェクトなど、写真を楽しめる機能のほか、電子水準器まで搭載しています。

★家電ちゃんピンク Voice
黒くて四角いボディは重そうなイメージがあるのですが、DSC-RX1はそんなことありません。「もってみたら小さいし、意外に軽いじゃん!」というのが第一印象です。

IMG_5125[1]

操作性の高いダイヤル類は本体上部に集中
本体上部には、撮影モードを切り替えるダイヤルと露出補正ダイヤル、シャッターボタンがあります。レンズリングでは、絞り、フォーカシング、マクロモードの切り替えを行えます。マニュアルで撮影する際の操作性も抜群です。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会