体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【本日発売!2013年春モデルの大本命スマートフォン「Xperia Z SO-02E」特集】


大注目の「Xperia Z SO-02E」特集!
本日2013年2月9日(土)から発売開始の、NTTドコモの2013年春モデルで、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を採用したソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia Z SO-02E(エクスペリア・ゼット・エスオー・ゼロニイー)」。

1月に米ラスベガスで開催された「2013 International CES」で「Xperia Z」が発表され、同時に日本市場向けにも投入することが明らかになりました。その後、1月22日に開催されたドコモの2013年春モデル発表会で、ドコモ向けとなるXperia Z SO-02Eがお披露目されました。

発表後は瞬く間に注目機種となり、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」での紹介記事も毎回好評でした。日本市場向けとして初代となる「Xperia SO-01B」が2010年4月1日に発売されてから間もなく3年を超えようとしています。

この3年の間に着実に進化してきたXperiaですが、今回のこのXperia Zが、これまでのXperiaシリーズの集大成で完成系と思わせてくれるような高いパフォーマンスを実現する一方で、次のステージへさらなる進化が垣間見えるようなまさに渾身のモデルと言える魅力的なスマートフォンです。

これまでも洗練されたデザインが特長でしたが、さらに洗練され、かつ特長的なボディーはユーザーの所有感もより一層高めてくれます。

そこで今回は、CES2013で発表されたXperia Zのニュースやレビュー記事を含め、これまでS-MAX(エスマックス)で紹介してきたXperia Z SO-02Eに関する記事をまとめて一気に紹介します。

早速ゲットしたよ!って方から、ドコモのスマホはどれがいいの?なんていう方まで是非各記事をチェックしてみてください!

ソニーモバイル、最新のXperiaシリーズ「Xperia Z」を発表!日本市場にも投入予定
【本日発売!2013年春モデルの大本命スマートフォン「Xperia Z SO-02E」特集】ソニーモバイルは8日、米ラスベガスで開催中の「2013 International CES」に先駆けて7日(現地時間)に行われたソニーのプレスカンファレンスにおいて、今春導入予定のスマートフォンとしてXperiaシリーズの最新モデルとなる「Xperia Z(エクスペリア・ゼット)」を発表したことを伝えた。同時に、世界市場に加え日本市場でも発売の予定であることも発表している。

ソニー、CES 2013で5インチフルHD液晶搭載のフラッグシップスマホ「XperiaZ」および「XperiaZL」を発表!さっそく写真でレポート【山根康宏の“世界のモバイル”】
【本日発売!2013年春モデルの大本命スマートフォン「Xperia Z SO-02E」特集】既報の通り、ソニーモバイルコミュニケーションズは8日、アメリカ・ラスベガスで2013年1月8日(火)から11日(金)まで開催している世界最大規模のコンシューマー向けエレクトロニクスショー「INTERNATIONAL CES(CES 2013)」にあわせて、会期開催前日の7日にプレス向け発表会を行い、フラッグシップスマートフォン「Xperia Z」「Xperia ZL」の2機種を発表した。発表会にはソニー社長兼CEOの平井一夫氏が登壇。ソニー製品の特徴を、性能だけではなく高いデザイン性を持っている点も大きくアピールし、その集大成とも言える新製品を今回のCES 2013では多数発表すると語った。その新製品の中でも最もエキサイティングな製品と言えるのがXperiaスマートフォンのフラッグシップモデル、「Xperia Z」と「Xperia ZL」の2製品だ。今回は、発表会に参加してきたので、さっそく製品レポートを含め、ソニーの2013年フラッグシップモデルであるXperia ZとXperia ZLを紹介していく。

1 2 3 4 5 6次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。