ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ「Xperia Z SO-02E」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内で人気の高いSony Mobileの新型Xperiaスマートフォン「Xepria Z」が本日NTTドコモから発売されます。Xperia Zは海外でも発売されますが、2月末~3月上旬から発売される国がほとんどなので、日本での発売が世界初になろうかと思います。ドコモオンラインショップにおけるXperia Zの本体価格は77,280円。新規・機種変更時に適用可能な月々サポートは1,995円/月(総額47,880円)。24か月使用した場合の実質負担金額は29,400円となります。Xperia Zは、Sony Mobileが今月上旬に米国・ラスベガスで開催されたCES 2013で発表した新グローバルフラッグシップの国内仕様版。本体の厚さは7.9mmと薄く、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセ、/NOTTVなど国内定番の機能に対応しながらも、防水と防塵に対応し、本体前後に強化ガラスを付けた頑丈な作りとなっています。ディスプレイは5インチ1,920×1,080ピクセルのTFT液晶、プロセッサはQualcomm Snapdragon S4 Pro 1.5GHzクアッドコア、RAM容量はXperiaスマートフォン初の2GB、内蔵ストレージの容量h16GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に1,310万画素のExmor RSを搭載し、1080pのフルHD動画撮影やHDRビデオ録画、写真の連続撮影ができます。前面には210万画素のExmor Rを搭載しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(DRCP-IP対応)、NFC(Type-A/B、FeliCa)、赤外線通信(IrDA)に対応します。パケット通信では、FOMAハイスピード(下り)最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)、Xi(下り最大100Mbps/上り最大37.5Mbps)に対応します。バッテリー容量は2,330mAh。本体サイズは139 mm×71 mm×7.9 mm、質量146g。カラバリはブラック、ホワイト、パープルの3色。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
プリンストン、NFC対応のBluetoothスピーカー「JUICEBOX(PSP-BTS2)」を2月15日に発売
LG P715(Optimus L7 II?)の実機写真
プリンストン、SDカードやUSBメモリなどをネットワークストレージ化するワイヤレスモバイルストレージ「Toaster Pro(PTW-TSTP)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP