体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一台二役のドッキングスマートフォン「PadFone 2」とタブレット型ドック「PadFone 2 Station」を写真でチェック【レビュー】


ASUSの新端末を2つの視点から紹介!
1月12日に発売されたASUS(エイスース)製の合体スマートフォン「PadFone 2」は、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用できる珍しい製品です。

前回の開封レポートに引き続き、今回はスマートフォン本体となるPadFone 2とタブレット型ドック「PadFone 2 Station」を写真を中心に紹介していきます。

■「PadFone 2」本体の外観を写真で解説

01

PadFone 2本体

02 03

前面(画像右)と背面(画像左)。背面の下部には技適シール
前面は4.7インチIGZO液晶ディスプレイ(1280×720ドット)と120万画素のインカメラ、照度センサーを搭載しています。背面はカメラ部を中心にスピンドル加工が施されており、ギザギザとしたデザインでザラザラとした質感は心地よい手触りです。カメラは1300万画素で撮影用フラッシュライトも搭載しています。

07

右側面

08

左側面
本体正面に向かって右側面には、電源ボタンとボリュームキー(上下キー)を搭載します。両側面の金属部分は底面に向かって、くさび形の加工がされていることによって、実際よりもシャープな印象を受けます。

04

上部側面

09

SIMカードスロットを引き出したところ

05

下部側面
本体の上部側面には3.5mmのイヤホンジャックとSIMカードスロットが配置されています。SIMカードはmicroSIMを利用します。

下部側面には通話用マイクとmicroUSB端子があります。microUSB端子の左右には、タブレット型ドックのPadFone 2 Stationと接続するための端子も備えます。通常のスマートフォンと同様にmicroUSBでの充電やPCとの接続ができます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。