ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本日発売!スマホと2台持ちの本命現る?通話とライトメールに特化したウィルコムの「STOLA WX08K」を購入した【レビュー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


スマホとの2台持ち需要を研究し尽くした京セラ渾身のPHS端末が本日発売!
本日ウィルコムは通話とライトメール(ウィルコム独自のショートメール)機能に特化した京セラ製PHS音声端末「STOLA WX08K」(以下、WX08K)を発売しました。

スマートフォンやタブレット関連の情報が中心の当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ですが、スマートフォンとの2台持ち需要を徹底的に考えて作られているWX08Kは紹介していくべきでしょう。

国内で唯一、PHSのサービスを展開しているウィルコムはスマートフォン時代に対応すべく、スマートフォンとの2台持ち需要を狙い、数々のサービスや商品をこれまでにも提供してきました。このところドコモやau、ソフトバンクの3キャリア(通信事業者)は自キャリア同士の通話が無料という基本料金プランを主力に据えており、他キャリアに電話をかけると従量制で通話料がかかるため、他キャリアに電話する時に料金を気にしなければいけません。

ウィルコムはその不満を解消すべく「誰とでも定額」という通話料を割引くオプションサービスを開始し、月額980円で、どのキャリアや固定電話にかけても10分以内の通話であれば月500回まで無料というサービスを展開し、人気を博しています。

さらに昨年来スマートフォンユーザーが2台持ちしたくなる商品を次々に展開。モバイルルーターを組み込んだ「PORTUS WX02S」、モバイルバッテリーを組み込み、Bluetoothの親機にも子機にもなる「ENERUS WX03S」(以下、WX03S)、若者のスマートフォンユーザー向けにBluetoothでスマートフォンと連携できる「HONEY BEE 5 WX07K」など、2台持ち需要を掘り起こすため考え抜かれた商品が次々に発売されています。

今回発売になったWX08Kもそうした2台持ちユーザーの需要を狙った商品です。「誰とでも定額」を使える端末をできるだけ安く持ちたいというユーザーの声に応えたもので、本体価格も一括で23,520円、24回の分割払いで月額980円、「W-VALUE SELECT」で購入すれば、毎月利用料金から980円割引きされる「W-VALUE 割引」が適用され実質0円というお値打ち価格です。

値段が安いからといって「安かろう悪かろう」ではないPHSを作り続けてきた京セラらしいこだわりが存分に垣間見えるWX08Kを購入したので写真を交えて紹介していきます。

■必要最小限の梱包物
まずは箱を開けてみると、梱包物が少ないことに驚かされました。本体と電池パック、一枚紙を折り畳んだ薄いマニュアルが2つとアンケートハガキが入っているだけです。


WX08Kの梱包物全て。小さい箱には本体と薄いマニュアルくらしか入っていない
マニュアルはとても薄いですが、機能が少ないため、基本的にこれを読めばほぼ全ての操作はできてしまいます。


本体下部に充電用のmicroUSB端子搭載
ACアダプターは別売りで2,100円ですが、市販のスマートフォンと同じmicroUSB端子を搭載するので、それに対応したACアダプターや、USB充電機器を使えます。私は余っていたUSBケーブルを使った充電機器を流用しています。スマートフォンユーザーでそうした機器が余っている人はわざわざ純正品を買うよりもコストを安く抑えられます。

■コンパクトでシンプルな外観
外観は、バイオレット、ピンク、ライトピンク、ホワイト、ライトグリーン、ブルー、ネイビー、ブラックの8色展開。色も豊富なので、好きな色を選べば良いでしょう。なお、バイオレットとライトグリーンのみがツヤ無しのマットな質感で、残りの6色はツヤありです。濃い色は指紋が目立つので、それが嫌な人はホワイトやツヤ無しの色を選ぶと良いでしょう。


本体のサイズは約W46×H118×D14mm
非常にシンプルなストレート型端末で、キー配置も奇をてらったものはありません。左下ソフトキーのメールマークにはLという文字が入っていてライトメールしか使えないことを表しています。右上ソフトキーMEMOはメモ書きや伝言メモなどの確認用、右下ソフトキー4つの□マークは電卓・アラーム・赤外線通信・カレンダーというツールを呼び出せるキーです。

テンキーの「*」長押しでキーロック、「#」長押しでドライブモード呼び出し、「クリアマナー」キー長押しでマナーモードになります。十字キーは待ち受け画面においては左右で発着信履歴、上下でライトメール送受信履歴呼び出しとなります。ストラップホールは端末右上にあります。


赤外線端子しかないシンプルな背面
背面は赤外線端子しかなく、非常にシンプル。通常のメールが使えないので、カメラもありません。サイドにキーもありません。

■大容量バッテリーを搭載

背面カバーを外したところ
背面のカバーを外すと、バッテリー交換ができます。バッテリーは920mAh。昨今のスマートフォンと比べるとだいぶ少ないように感じますが、そもそもPHSは消費電力が少ないのでこれでも大容量と言えます。

連続通話時間約12.5時間、連続待受時間約1,060時間は、モバイルバッテリーとしても使えるWX03S並。他機種を圧倒するバッテリーの持ちの良さもWX08Kの特長です。

■使い心地にこだわった形状

段差が付いて押しやすいテンキー
テンキーは段差が付いていて押しやすくなっています。クリック感もあり、安っぽさを感じません。


左からSTOLA WX08K、iPhone4S、AQUOS PHONE ZETA SH-02E
各種スマートフォンと大きさを比べてみると、iPhone 4SとWX08Kがほぼ同じ高さであることが分かります。WX08Kの横幅の狭さが際立ちます。


左からSTOLA WX08K、iPhone4S、AQUOS PHONE ZETA SH-02Eの端末下部
ただ、WX08Kは各種スマートフォンより厚みがあります。厚さ14mmなので、10mmを切ることが多くなった各種スマートフォンよりは若干厚いです。


背面に丸みがあるので持ちやすく手になじむ
しかし、厚みはあるものの背面はラウンドフォルムで丸みがあるので、とても持ちやすくて手になじむデザインとなっています。重さも約76gと非常に軽量で、長時間通話しても疲れません。

■どんなユーザー向けなのか?
では、どんなユーザーが対象かということですが、通話とライトメールしかできませんので、メールはスマートフォンなど他の機種でやりとりするという人、また、そもそもキャリアが提供している、いわゆるキャリアメールはもう使っておらず、LINEなどでコミュニケーションを取っている人で、「誰とでも定額」をできるだけ安く使いたいというユーザー向けかと思われます。

筆者もキャリアメールは既にドコモのスマートフォンでやりとりしていて、LINEなども使っているので、PHSでメールをする必要性が薄い状況でした。できるだけ安いコストでウィルコムの人同士との無料通話や「誰とでも定額」を使いたいということで、本日実際に購入しました。

Bluetoothに対応し、スマートフォンと連携できた方が良かったかもしれませんが、Bluetoothは意外にバッテリーを消費するので、バッテリー持ちのことを考えればPHS通信だけできるWX08Kにアドバンテージがあります。1~2日充電しなくても十分にバッテリーが持つので、2台持ち運用の煩わしさも少ないと言えるでしょう。

■音声特化でも手を抜かない作り
今までもウィルコムは音声特化端末をいろいろと出してきましたが、やや安っぽさを感じる端末もありました。しかしWX08Kはそうした安っぽさをあまり感じさせず、押し応えのあるキーと、カラフルかつシンプルなデザインで、使う楽しさを感じさせてくれる仕上がりになっています。操作ももたつきが全くなく、非常に快適に使えます。

これまでにも「ストラップフォン WX03A」のようなWX08Kよりもさらにコンパクトな端末もありましたが、敢えてそれよりも少し大きめに作っているのは、アンテナ部分などの作り込みもあったと推測できます。

WX08Kは電波のつかみが良くなる「ダイバシティアンテナ」を搭載し、雑音を除去するノイズリダクション機能も搭載されています。十字キー左を長押しすると一番強い電波を拾う「しっかリンク」機能も搭載されていて、高い通話品質を目指しています。

私も試しに通話してみたところ、PHSらしいクリアな音質で非常に話しやすかったです。「話すを楽しむ」というキャッチコピー通り、PHS端末の老舗メーカーである京セラの技術が詰まった一台であり、音声特化端末であっても決して手を抜かない姿勢が見られます。

ローコストで通話を楽しめるWX08Kですが、デザインも素晴らしく軽くてコンパクトな上に高い通話品質を誇っていて、スマートフォンとの2台持ちの本命と言える一台かもしれません。音声に特化した機種でこうした戦略的な商品を出せるというのは、今のウィルコムが元気な証拠と言えるでしょう。

SkypeやLINEなど無料のインターネット電話が台頭してきてはいますが、エリア内の通話品質・安定性を考えればPHSもまだまだ戦えるのではないでしょうか。

記事執筆:こば(小林健志)
■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
ウィルコム、通話に特化したシンプルな京セラ製のケータイ「STOLA (WX08K)」を発表!2月7日から発売開始 – S-MAX -ライブドアブログ
STOLA WX08K特集 – S-MAX -ライブドアブログ
STOLA WX08K -ウィルコム
STOLA WX08K -京セラ

外部サイト

本日発売!スマホと2台持ちの本命現る?通話とライトメールに特化したウィルコムの「STOLA WX08K」を購入した【レビュー】
人気の7インチタブレット「Nexus 7」にSIMフリー版の「モバイル通信対応モデル」が日本でも発売!2月9日から販売開始
本日発売開始!UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルータ「Aterm WM3800R」を徹底検証!リモート起動やWi-Fi自動オフなどを試した【レビュー】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7391483/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP