ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノジマ、テレビをスマートTV化するスティック型Android端末「スマテレスティック(SMST-01EM)」を2月12日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ノジマは2月7日、テレビをスマートTV化するスティックタイプのAndroid端末「スマテレスティック(SMST-01EM)」を発表しました。発売日は2月12日で、同社の店頭、および直販サイト「ノジマオンライン」で発売されます。価格は19,800円。2月末までは発売記念価格17,800円で販売されます。スマテレスティックは、HDMI入力端子を備えたテレビや外部ディスプレイに接続(直挿OK)することで、大画面でネットや動画、Androidアプリが楽しめる小型Android端末。製品にはコンパクトなワイヤレスキーボードが同梱しており、スマテレスティックやAndroidスマートフォンを操作することができるそうです。OSはAndroid 4.0(ICS)。公開されたデモ動画には、Google Playストアの操作模様が映っているので、Google Play対応と思われます。本体サイズは98mm×13mm×42mm、質量は40g。プロセッサはBoxChip A10 1.5GHzデュアルコア(Cortex-A8)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB(空き容量は2GB)、Micro SDカードも利用できます。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/nのみ。外部接続端子は、HDMI出力端子(出力サイズは最大1,920×1,080ピクセル)、USB(Air Keyboard受信機などを接続)、Mini USB(給電用)、Micro SDカードスロット、マイク。Source : ノジマ



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S II Plusがドイツで発売開始
2012年12月の米国スマートフォン市場、OS別シェアはAndroidがトップ、メーカー別シェアはAppleがトップ(ComScore調査)
ASUSのIntelプロセッサ搭載7インチAndroidタブレット”Fonepad”(ME371MG/K004)の実機写真や主要スペックが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP