体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモ春モデルの隠れた本命? 独自機能満載のモンスターマシン『Optimus G Pro』を発売前にレビュー

ドコモ春モデルの隠れた本命? 独自機能満載のモンスターマシン『Optimus G Pro』を発売前にレビュー

1月22日に発表されたドコモのスマートフォン春モデル。Android 4.1にクアッドコアCPU、5インチフルHDディスプレー搭載のハイスペックな4機種が発表され、NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏が『Xperia Z』を「春モデルのイチ押し」と発言して話題になりましたが、実は発表会で存在感を放っていたのがLGエレクトロニクス製の『Optimus G Pro L-04E』。春モデルのスマートフォンで最大の3000mAhという大容量バッテリーを搭載し、CPUではトップクラスの1.7GHzクアッドコアを搭載する“モンスターマシン”なのです。同じ画面で複数アプリを利用できる『Qスライド』など、独自機能も満載な同端末を4月の発売前にお借りできたので、レビューをお届けします。

存在感ある大画面と高級感のある本体

存在感ある大画面

パっと見で印象的なのが画面の大きさ。5インチ、1080×1920ドットのフルHDディスプレーを搭載した機種は春モデルで全4機種がラインアップされていますが、『Optimus G Pro』は画面が縦に長く感じられる分、より大画面の印象が強くなっています。

操作キー

その理由は操作キーに。ほかの端末はホームボタンを含むAndroidの3ボタンが画面上にソフトウェアキーとして配置されているのに対して、『Optimus G Pro』は細長いハードウェアキーのホームボタンと、左右にタッチキーの戻るボタン、メニューボタンが配置されています。画面の縦幅をギリギリまで使っているため、より大画面に見えるのです。

ウェブサイトもより多くの情報を表示可能

ウェブサイトを閲覧する場合も、縦により多くの情報が表示可能。440ppiの解像度で文字も読みやすく、フルHDのメリットを最大限に享受できるディスプレーになっています。

画面縁のメタルライン 側面のメタルライン

画面の縁と側面にはメタルラインが配置され、高級感あるイメージ。背面のラウンド形状が持ちやすさを実現しつつ、メタルラインがグリップ感を持たせています。

圧倒的なCPUパワーと大容量バッテリー

『Quadrant Standard』のベンチマーク結果

1.7GHzクアッドコアCPUの性能を見るために、ベンチマークアプリ『Quadrant Standard』を使ってみました。スコアは11967と1万超をマーク。『Galaxy S III』が5000超、クアッドコアの他機種でも7000超という中で圧倒的な結果となりました。RAMも2GB搭載しているので、Android 4.1の操作性とあいまってヌルヌルサクサクの動作を実現しています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。