ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の7インチタブレット「Nexus 7」にSIMフリー版の「モバイル通信対応モデル」が日本でも発売!2月9日から販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ3G通信対応版が日本でも発売!
ASUSTeK Computer(ASUS)は7日、7インチタブレット「Nexus 7」のモバイル通信対応モデルを日本向けに2月9日(土)に発売することを発表しました。オープン価格で、メーカー予想実売価格は29,800円となっています。

モバイル通信対応モデルは、SIMロックフリー端末で、microSIMスロットにSIMカードを挿入すれば、いつでもどこでもW-CDMA(HSPA+)方式で、インターネットにアクセスできることが特徴です。

W-CDMAの対応周波数帯は850/900/1700/1900/2100MHz帯で、これらに対応した事業者が提供するマイクロSIMカードを用意して、然るべき設定を行えばモバイル通信ができるようになります。モバイル通信に対応したこと以外は、既に発売済みのWi-Fi(無線LAN)モデルと同等のスペックとなっています。ただし、OSは最初からAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)になっています。

また、バッテリー駆動時間については、モバイル通信時で9時間程度で、本体サイズは、幅198.5mm×奥行き120mm×高さ10.65mm、質量は約350gと、従来のWi-Fiモデルに比べ高さが0.2mm高くなっていることと、約10g重くなるとのことです。内部ストレージは32GBモデルのみで、製品型番は「Nexus7-32T」となります。

ASUSは、先月に「Padfone 2」を国内で発売するなど、SIMロックフリーなスマ-トフォンやタブレットを積極的に投入する傾向にあります。更なるSIMロックフリー端末の登場に期待したいところです。

記事執筆:せう(Sho INOUE)
■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
Nexus 7 – S-MAX – ライブドアブログ
Padfone 2 – S-MAX – ライブドアブログ
ASUS

外部サイト

人気の7インチタブレット「Nexus 7」にSIMフリー版の「モバイル通信対応モデル」が日本でも発売!2月9日から販売開始
本日発売開始!UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルータ「Aterm WM3800R」を徹底検証!リモート起動やWi-Fi自動オフなどを試した【レビュー】
携帯電話各社、東京メトロの東西線中野~九段下、千代田線二重橋前~霞ケ関、有楽町線江戸川橋~新木場の駅間を2月7日からエリア化

(http://news.livedoor.com/article/detail/7390146/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP