ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

爆笑問題・田中裕二 交際に至ることなく山口もえにフラれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 店の看板もない都内の隠れ家バー。1月中旬のとある夜、その店で爆笑問題・田中裕二(48才)の誕生パーティーが開かれていた。小池栄子(32才)など、親しい友人ばかりを集めた会だったが、田中と交際報道があった山口もえ(35才)の姿はなかった。田中の所属事務所社長の太田光代さん(47才)はこう説明する。

「誘ってないわけないと思いますが、断られたんじゃないですか? 田中はそうは言わないけど、最近(山口さんに)避けられているような空気感があるから…。彼女には迷惑なんじゃないかな?」

 ふたりの知人らによれば、その日、山口は「仕事がある」と言ってパーティーを欠席したというが、山口の所属事務所は、「本人に確認したら、そもそもお誘いされていないようなんですよね」ということだった。

 そのわずか数日前の1月13日、田中は司会を務める『サンデージャポン』(TBS系)で、山口との交際報道を受けて、「正直、気になっている…好意がなきゃ(デートに)行かないよ」と、山口へのアツすぎる思いを生告白していた。ふたりの間に何があったのか?

「あの告白自体、山口さんにとってはダメだったんじゃないですか? 田中さんにしてみれば真剣な思いを伝えたかったんでしょうけど、まだ全然そんな関係でもないのに、あんな風に話されてしまったては、“ちょっと違うのに…”という気持ちになっても仕方ないですよね」(芸能関係者)

 山口にとってのいちばんの宝物は前夫との間の2人の子供(長女・5才、長男・1才)。シングルマザーとして奮闘している彼女ゆえ、交際にも再婚にも慎重になる。

「もちろん田中さんだってその状況をわかっているわけですから、結婚する覚悟があるくらい本気だということは公言していた。でもそれが山口さんの耳に入っちゃって…。“もう、そんな話になってるの?”とびっくりしていたそうですよ。結局、今年に入って1回も会ってないと聞きました。つきあうこともないまま、田中さんはフラれてしまったというわけです」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2013年2月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
爆笑問題田中裕二 自宅訪問の山口もえの子供からなつかれる
妻の親友・田中好子と後輩・田中実の死に水谷豊、悲痛な思い
田中角栄が机をがんがん叩いたからこそ成立した日ソ共同声明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP