ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイクロソフトOfficeの最新バージョンが2013年2月7日に発売されるが、それに先駆けた2月6日、東京・六本木のニコファーレで発売記念記者会見が開催された。

日本マイクロソフトの樋口社長らに加え、国内大手メーカーのNEC、ソニー、東芝、富士通の首脳がゲストとして招かれ、Windows 8と新しいOffice、そのプレインストールハードウェアをアピールした。新Officeをプレインストールするハードウェアは14社から170モデルが予定されている。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】ニコファーレで行われた記者会見

ちなみに新しいOfficeは一般的にOffice 2013と認識している人も多いと思うが、Office 2013という名称は総称では使用しないとのことだ。Office 2013の名称はパッケージ製品やプレインストール製品における永続ライセンスの個別のラインアップ名称として使われる。

マイクロソフトとしては以前のバージョンと区別する名前として「新しいOffice」や「新Office」と呼んで欲しいようだ。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】日本マイクロソフトの樋口社長

樋口社長は発表会の冒頭、Windows 8の状況について「世界で6000万ライセンス、Windows Storeで提供されているアプリもWindows 8の発売日から4倍になり、1億ダウンロードになる」など好調なことをアピールした。

新しいOfficeとWindows 8は「Windows 8発売後の一番大きなマイルストーンになる」「新しいOfficeはWindows 8に最適化しているので、新しいOfficeによってWindows 8の価値がさらに高まる。Windows 8の環境で動くことで新しいOfficeの価値も高まる」として相乗効果のある製品だと語った。

発表会のデモでは、Excelなどの新しい機能などに加えて、マウスなら文字を選択、指なら画面のスクロール、ペンでの入力なら線画を描くというような利用状況に応じてOffice側が操作を自動的に切り替えるような機能などをデモした(タッチ液晶やペンタブレット等ハードウェアの対応も必要)。

また、SkyDriveやSNSの機能も統合されたことによって、簡単に友人などと文章のシェアができることや、クラウドを使った利点、逆にネットワークにつながっていなくても問題なく使えることなどのデモを行い、進化した新しいOfficeとWindows 8を利用した相乗効果による利点をアピールするなどした。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】NECパーソナルコンピューターの高塚社長

PCメーカーからのゲストであるNECパーソナルコンピューター社長の高塚氏は、薄型のLaVie ZやLaVie Xなどを紹介し、ハードウェアの仕様だけではなく、充実したサポートを行うことも含めて同社の製品群をアピール。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】ソニーVAIO&Mobile事業本部の赤羽本部長

ソニーVAIO&Mobile事業本部本部長の赤羽氏は、タッチに対応したVAIO製品を紹介。また、日本のPC市場の活性化のため、国内メーカー同士が足を引っ張り合うのではなく協力していこうとし、VAIO Duo 11と新Officeなどを使って自身で書いたイラストを公開した。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】東芝デジタルプロダクツ&サービス第一事業の長嶋部長

東芝デジタルプロダクツ&サービス第一事業部長の長嶋氏は、近日発表する春モデルで新Officeをプレインストールすること、同製品に「動画で学ぶシリーズ」などサポートソフトも満載なdynabookをアピールした。

新OfficeとWindows 8で価値が倍増 発売記念記者発表会レポート【デジ通】富士通の大谷常務

富士通の執行役員常務の大谷氏は、Windows 8発売当初のモデルではタッチパネルに対応していないモデルが多かったが、春モデルでは売れ筋シリーズのFMV-LIFEBOOKなどで指紋が付きにくい特殊コート処理したタッチパネル化したことなどを紹介した。

発表会の中で、情報を作成し、管理するなど生産性が高いのはPCだが、デバイスが多様化し、タブレットやスマートフォンでも同様に切り替えて使い分けていくことができるのがOfficeだとアピールしている。

日本ではWindows対応タブレットはいくつか投入されているものの、Windows Phone最新版の投入が遅れるなど、新Officeを最大限に生かすにはハードウェア周りの環境が整っていない部分もある。

この点に関して樋口社長はソフトウェア資産やエコシステムなども確立しており、「長期ビジョンはぶれていない、それに向かってがんばっていくので、温かい目で見守っていただきたい」と語った。

Microsoft Office

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

町会議が雪国へ出張 週末に雪をまとった町会議「雪会議」in北海道を開催
動画販売サイト「necfru」(ネクフル)で自作動画を手軽に販売しよう
約580gで持ち運びラクラク!出先でも自宅でも長時間バッテリーで安心して使える acer「ICONIA W510D」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7389510/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。