ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林太郎、カラーボトルが競演! タワーのショーケース・ライヴ東京編をレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

期待の新世代アーティストたちをタワーレコードならではの視点でピックアップし、発信していくショーケース企画〈NEW TOWER GENERATION〉。ここでは、東名阪を巡回しているそのスペシャル・イヴェントのなかから、2月1日にタワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉で行った東京公演の模様をレポートします!

 


カラーボトル

 

幅広い年齢層のオーディエンスが詰め掛けたこの日の公演。ライヴの先陣を切ったのは、仙台発の〈魂揺さぶるロック・バンド〉ことカラーボトル。やる気に満ちた表情でステージに上がった彼らは、先月発売の最新アルバム『生きる』より、突き抜けるようなサビのメロディーが爽快な“あぜ道”、ヴォーカルの竹森マサユキが拳を振り上げて熱唱した“地元賛歌”を続けて演奏します。

 


カラーボトル

 

竹森が上京した際に出会った、ある少女のために作ったという“やぁ、野良犬。”や、「〈いま〉と一生懸命に闘う人への応援歌」と説明した“ファイター”では、ひとつひとつの言葉を大切に伝えようとする彼の前のめりな姿勢が印象的でした。ラストは、シャツを脱ぎ捨てた竹森とバンドが一丸となって熱く迫る“魂ドライブ”でシメ。全身汗だくになるほどの渾身のパフォーマンスを見せてくれました!

 


小林太郎

 

次に、グランジ、ハード・ロック、ヘヴィー・メタルなどをルーツに持つロックなシンガー・ソングライター、小林太郎がお馴染みのフライングVを片手に登場。黄色い歓声が飛び交うなか、メジャー初フル・アルバム『tremolo』の冒頭を飾る“frontier”で勢いよくスタートします。短いMCを挟んで、ヘヴィーなギター・リフがズシリと響く“INDUSTRIAL LADY”、突進力満点のキラー・チューン“飽和”、一転して彼のロック・ヴォーカリストとしての個性が際立ったスロー・ナンバー“鴉”を次々と披露。パワフルさとセクシーさを併せ持つ小林の魅力に、オーディエンスが酔いしれます。

 


小林太郎

 

「後半戦いきますか!」という高らかな合図を皮切りに、ハード・ロッキンなリフの応酬が激しい“答えを消していけ”、ギラついた歌声が冴え渡る“freedom”を連続でプレイ。そのままドラマーがバスドラムを刻みながら、ライヴは本編ラストの“安田さん”へ突入します。スリリングなギターとベースの掛け合いに、激しくヘッド・バンギングするオーディエンスの姿も見られました。アンコールは、この日一番のスピード感で駆け抜けた“Baby’s got my blue jean’s on”。貫禄さえ感じさせるパフォーマンスは圧巻でした! なお小林は、3月2日(土)の大阪・梅田Shangri-La公演を皮切りに『tremolo』のリリース・ツアーの開催。3日(日)に愛知・名古屋ell. FITS ALL、9日(土)に東京・渋谷CLUB QUATTROでライヴを行います!

また、2月8日(金)には〈NEW TOWER GENERATION 2013~SPECIAL~〉の大阪公演が心斎橋LIVE HOUSE Pangeaで開催。こちらにもカラーボトルと小林太郎の2組が出演しますので、近郊の方はぜひ会場に足をお運びください!

★〈NEW TOWER GENERATION 2013~SPECIAL~〉の公演情報はこちらから
★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈NEW TOWER GENERATION 2013~SPECIAL~〉@タワーレコード渋谷店B1〈CUTUP STUDIO〉 2013.2.1 セットリスト
【カラーボトル】
1. あぜ道
2. 地元賛歌
3. やぁ、野良犬。
4. ファイター
5. 魂ドライブ

【小林太郎】
1. frontier
2. INDUSTRIAL LADY
3. 飽和
4. 鴉
5. 答えを消していけ
6. freedom
7. 安田さん

〈アンコール〉
1. Baby’s got my blue jean’s on

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。