体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約580gで持ち運びラクラク!出先でも自宅でも長時間バッテリーで安心して使える acer「ICONIA W510D」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなどの人気タブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows 8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、acerから発売されたキーボードと液晶が分離する10.1インチコンバーチブルマシン「ICONIA W510D」を紹介しよう。

■タブレット&ノートPC!2つのスタイルで自由に使おう
ICONIA W510Dの特徴は、タブレットとして利用のほかに、タブレットをキーボードドックと接続すればノートPCとしても使える点だ。10.1インチ、約580gの軽量タブレット本体は、Wondows 8のタイルスタイル「メトロ」UIで画面にタッチして操作できるほか、キーボードドックと接続すれば重さ約1260gのノートPCに早変わり、使い慣れたノートPCスタイルでビジネスや学業での文書作成やインターネットを利用することができる。

また、スマートフォンのように電源ボタンを押すだけで瞬時に復帰して利用できるようになるスタンバイ機能も、Acer Always On テクノロジー搭載により、最大3週間まで待機可能となっていることも嬉しい特徴といえるだろう。

130115_acer_win8_02_800

本体は10.1インチで580g、キーボードドック込みでも1260gという小型軽量で持ち運びも気軽にできる

130115_acer_win8_03_800

キーボードドック同梱なので端末を開けばノートPCスタイルで使用可能

130115_acer_win8_04_800

タブレット部を外すと約580gの軽さで、片手でも楽に持てる

■外出先でも安心!バッテリー駆動は連続18時間
タブレット本体だけだと、8.8mm(高さ)×258.5mm(幅)×167.5mm(奥行き)と、とてもスリムで重さも約580gと、iPadの652gより軽く、一般の10インチAndroidタブレットと同じくらいに軽い。キーボードドックと接続後でも約1260gとカバンの中に入れても、手に持ってオフィスを移動して持ち運べるほどの軽量さを誇る。

またバッテリー駆動時間は、タブレット本体で約9時間、キーボード装着時は約18時間の連続駆動を実現しており、自宅やオフィス、通勤やカフェなどだけでなく、日帰り出張時までバッテリーを気にせずに、Webブラウズや文書作成、動画閲覧などが行える。

130115_acer_win8_05_800

ノートPCモードの正面。液晶のサイズは10.1型、解像度は1366×768ドット

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。