ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「映像化不可能」の作品が映画に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『マトリックス』3部作のラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督と、『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督がタッグを組んだ。3人の監督が才能を結集させた人間ドラマ『クラウド アトラス』が、3月15日より公開される。

 過去・現在・未来にまたがる500年を描いた本作品。星空の下、焚火の前で初老のザックリーは、自らの波乱に満ちた半生を語り始める。だが彼は、時間と場所を超えたいくつもの“自分”の物語があることを知らなかった…。1849年の太平洋諸島での“彼”は、瞳には邪悪な光を宿した医師。1973年サンフランシスコでは、愛する女のために会社を裏切る原子力発電所の従業員。2012年のロンドンでは、書評家をビルから落として殺す作家。何度も“自分”を生きたザックリーは、地球崩壊後106度目の冬の地で、進化した人間コミュニティーからの使者を迎えていた。彼女から明かされた使命により、重大な選択の時を迎えた“彼”は…。

 原作は、6つの時代に生きる人々の姿を描いた同名ベストセラー小説。何度もの生まれ変わりを経て、世界の運命を握るようになる主人公ザックリーを演じるのは名優トム・ハンクスだ。そんな彼と出会っては別れ、争いと過ちを繰り返す人々に、ハル・ベリー、スーザン・サランドン、ジム・ブロードベント、ヒュー・グラント、ヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェス、ベン・ウィショー、ペ・ドゥナら、国際色豊かなキャストが集結。豪華俳優陣がさまざまな時代をアトランダムに行き来し、壮大な叙事詩を紡ぎ出す。

 SF、アクション、ミステリーなど、さまざまなジャンルを内包した本作品の試写会に5組10名様をご招待。映像化不可能と呼ばれた作品がいち早く見られる、貴重な機会をお見逃しなく!

 『クラウド アトラス』は、3月15日(金)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

プレゼント概要

『クラウド アトラス』一般試写会
日時 3月5日(火)開場18:00/開映18:30場所よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)当選人数5組10名様

【応募方法】
MOVIE ENTER公式Twitterアカウント「@movie_enter」をフォローのうえ、
本記事のURL(http://news.livedoor.com/article/detail/7382208/)をツイートしてください。

【応募期間】
2月6日(水)~ 2月22日(金)15時まで
※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、3日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
 ・応募時の内容に記載不備がある場合。
 ・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。

作品情報

『クラウド アトラス』 – 公式サイト

【関連記事】
新作『クラウド アトラス』を引っさげ、『マトリックス』監督が10年ぶりに緊急来日

MOVIE ENTERのTOPへ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7382208/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP