ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堤真一が金儲けのコツを伝授

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 お金持ちになりたい。こんなことを夢見たことがある人は多いかもしれない。しかし、実際、お金持ちになりたいからといって簡単になれるものではないし、それに向けて起業するという人は一握りの人たちだろう。
 それでも実行力のある人はいるものだ。大富豪になりたいがために、バリ島に住む大富豪のところに弟子入りしたある男の物語は、書籍化を経て、ついに映画化されることとなった。

 クロイワ・ショウ氏による『出稼げば大富豪』シリーズで、“兄貴”としてクロイワ氏に成功への手ほどきをする氏は、大阪で生まれ、中学卒業後、看板屋に住み込みの丁稚として就職。その後、吉本興業、運送会社等を経て、単身インドネシアのバリ島に渡り、事業を開始する。不動産デベロッパーとして大成功し、ほぼ無一文から巨万の財をなした。今では、バリ島に自宅20軒、会社を26社持ち、7万8000坪の土地を所有する大地主である。
 一方、クロイワ氏は、奈良にある理系国立大学の通う博士課程の大学院生。大学教授の両親から、学問だけが身を助けると育てられ、かれこれ10年大学にいる。4年前、大富豪を夢見て、大学発ベンチャー企業を設立したが、なんと年商は29万円。若手サラリーマンの月収にも満たない状況へと追い込まれた。そんな中、ひょんなことから、兄貴と知り合うことになる。そしてクロイワ氏は「金儲け道」を学ぶためにバリ島の兄貴のところに弟子入りするのだった。

 兄貴に弟子入りして2年。クロイワ氏は、自身の修行の日々を綴った日記を4冊の本として出版。そして、本書『出稼げば大富豪 成功が見えた編』は金持ち修行日記の5冊目となる。

 そして、本書は『神様はバリにいる』という題名で映画化が決定している。監督は『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』『ボックス!』の李闘士男氏。今夏クランクインの予定だ。兄貴役には堤真一さんが決定している。主人公のクロイワ氏役について、李監督は「クロイワさん役に関しては、申しわけないが、彼ではいかがなものかということもあり(笑)今回主人公は女性、超美人女優さんを設定しています」と本書で話している。

 映画公開はまだ先の話だが、それまでに本書を含む「調子ぶっこきシリーズ」を読んで、予習しておいてはどうだろう。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
本当の「お金持ち」に共通する3つの思考
お金が貯まらない人の財布 7つの特徴
貯金したいなら絶対やってはいけないこと

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP