体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画でわかるスマホ&タブレット:第5回 今や当たり前となった「テザリング」


漫画でわかるスマートフォン!
スマートフォン(以下、スマホ)やタブレットなどを使っていく上で、ヘルプや取扱説明書に記載されている用語にもよくわからないもの、知っておくと会話の種になるような豆知識などを4コマ漫画付きで紹介する特集「漫画でわかるスマホ&タブレット」。

第5回目の今回は、今やスマホでは当たり前の機能となった「テザリング」機能を紹介します。果たしてどんな漫画になるのか!?

4koma_05

■テザリングってなに?
テザリング(tethering)とは、過去の携帯電話やPHSにおいて携帯電話とパソコンを接続してパソコンでインターネットができる「モデム機能」や「パソコン接続によるデータ通信機能」に相当するものです。

スマホの回線を利用して、パソコンやゲーム機などそれ単体でインターネットに接続できる通信回線を持っていない機器をスマホのテザリング機能を使ってインターネット接続するというのが一般的ですが、スマホをスマホのテザリング機能で接続するという使い方もあります。

例えば、友達の使っているスマホが圏外で、自分のスマホがエリア内だっただったり、機種変更などで3GやLTEなどの通信回線を新機種に移してしまったスマホがあったりした場合、現在利用中のスマホのテザリング機能でインターネットに接続させることができます。

親側となるスマホのテザリング機能は、USB接続やWi-Fiによる無線接続によって数台の子供側となる機器が利用できます。つまり、ケーブルレスで何台ものWi-Fi搭載機器がネット接続することができるということです。

スマホの機能紹介やスペック表で、「Wi-Fiテザリング同時接続台数 最大○○台」といった表記を目にすることがありますが、これはテザリング機能を利用してインターネットに接続する外部のWi-Fi搭載機の端末が同時に何台まで接続できますよ、という意味なのです。

つまり、スマホ1台(1回線)あれば、パソコンやゲーム機、そのほかのスマホなど、いくつもの機器をインターネットに接続できてしまう、それがテザリング機能です。改めて考えると実はかなり凄い機能なんです。

ちなみに従来タイプのケータイでも、Wi-Fi機能を搭載していれば、スマホのテザリング機能を使って、スマホの回線でインターネット接続することも可能なのです。

と、ここまで読んで、それって「ルーター」のこと? と思った方は鋭いです!ここでいう「ルーター」は、「モバイルWi-Fiルーター」をさしています。

モバイルWi-Fiルーターは、イー・アクセスの「Pocket Wi-Fi(ポケット・ワイファイ)」をはじめとして、UQ WiMAXの「WiMAX Speed Wi-Fi(ワイマックス・スピード・ワイファイ)」、そして今ではNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイルなど、通信各社が専用製品を数多く販売しています。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会