ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年1月)、Jelly Beanのシェアが13.6%に上昇、ICSは早くもシェアを落とす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2013年2月4日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアとその推移を示したグラフがAndroid Developersサイトで公開されました。リリースから今までシェアを伸ばしてきたIce Cream Sandwich(Android 4.0.x)が今回シェアを0.1%ほどですが落としました。シェアそのものは29%とGingerbreadに次いで2位ですが、Jelly Beanの普及により、早くも頭打ちになった可能性があります。そのJelly Beanのシェアは13.6%。前回よりも3.5%シェアを伸ばしています。シェアの伸びはかなり高い方ではないかと思います。数か月前よりシェアを落としているGingerbread(Android 2.3.x)は今回45.6%。シェアを前回より2%落としたものの、まだ全体の中ではトップをキープしています。シェア1位はGingerbread(45.6%)、2位はICS(29%)、3位はJelly Bean(13.6%)、4位はFroyo(8.1%)、5位はEclair(2.2%)、6位はHoneycomb(1.3%)、7位はDonut(0.2%)、8位はCupcake。

次の図は、月ごとのシェアの推移を示します。

Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
米国でDroid RAZR Mの新色”プラチナ”が発売
HTC、中国向けに”HTC 603e”を開発
英Carphone Warehouseと独Vodafoneの商品管理システム上にHTC M7が現る、カラバリはブラックとシルバーか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。