体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい『iPod nano』はビデオカメラ、マイク、スピーカー付き、カラフルに9色で展開

0230677_02

アップルは、9月10日に新しい『iPod nano』を発表しました。ビデオカメラ、マイクそしてスピーカーも搭載しており、音楽を聴くだけでなく撮影した動画をパソコンから『YouTube』などの動画サイトへアップロードすることもできるようになります。さらに、FMラジオや歩数計も内蔵するなど、単なるミュージックプレイヤーから一歩未来へ踏み出しています。

「『iPod nano』はこれまでに1億台以上が販売された、世界で最も人気のあるミュージックプレーヤーです。この度、この信じられないほど薄い本体にビデオカメラを追加し、しかも価格は抑えています。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズ氏は述べています。

0230677_01

今回の『iPod nano』は、光沢ある美しいアルミニウムとガラスの超薄型デザイン。カラーバリエーションは、シルバー、ブラック、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンクの9色です。

2.2インチのディスプレイは、使いやすいナビゲーションを実現し、ビデオクリップの撮影や確認もしやすくなりました。ビデオ撮影は、縦長・横長のいずれも可能。ディスプレイとスピーカーを使って、撮影した動画をその場で楽しむことができるほか、パソコンとシンクさせて『YouTube』『MobileMe』『Facebook』やメールで共有することができます。撮影時には、『サーモグラフィ』『フィルムグレイン』『万華鏡』『X線』などのエフェクトも楽しめます。

0230677_03

また、内蔵のFMラジオには『ライブポーズ』と『iTunes Tagging』機能を搭載しました。『ライブポーズ』では、聴いているFMラジオ番組を一旦停止して、再び聴きはじめることが可能。『iTunes Tagging』では、番組から流れる好きな曲にタグをつけておき、『iTunes』とシンクしたときにその曲をプレビューしたり、購入することができる機能です。また、『iTunes』ライブラリから相性よい曲を取り出して、最大12個のエンドレスミックスを作成する『Genius Mix』も搭載しています。

0230677_04
1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会