ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落書きの罪に問われた12歳が裁判所に働くよう命じられる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先週、米国東部・マサチューセッツ州の裁判所は、12歳の少年に働くよう命じた。少年は保護観察中に近所の家々に落書きをし、多大な損害を与えていた。裁判所は「被害者へのつぐない」としている。『Boston.com』が伝えた。

保護観察中だった少年の弁護人は「12歳の働き口がいったいどこにあるのか」と裁判所の命令を疑問視し、そもそも少年法に反するとしている。

一方、裁判所側は「州の法律は9歳以上の子どもに新聞配達員として働く自由を認めている」と反論。落書きの被害に遭った人々のために、芝刈り、ベビーシッター、雪かきなどの仕事を得るように命じた。弁償額は1000ドル(約9万2000円)と推定されている。

今回の判決を受け、家の壁にスプレーを吹きかけられた被害者は「少年は自分がやったことに対し、責任を取るべきだ」とインタビューで答えている。

画像: 12歳の少年に下された決定を伝えるサイトのキャプチャー
http://www.boston.com/metrodesk/2013/01/30/massachusetts-appeals-court-tells-year-old-boy-get-job-pay-for-tagging-neighbors-homes/4Z8MVh3cMI7QNV6znDNIVO/story.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。