ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昆虫の生態にヒントを得た仮想信号機が 交通渋滞を解消する?【サイエンスニュース】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新興国を中心に、世界中で急速な都市化が進行している。国連のWorld Urbanization prospects(2011年版)によれば、2050年までに中進国では86パーセント、途上国でも64パーセント、世界全体では67パーセントの人口が都市に住むと予想されている。
急速な都市化はさまざまな問題を引き起こすことになり、中でも大きいのが交通渋滞だ。インドなどでは、自家用車を所有する中産階級が急増しており、それに伴って深刻な交通渋滞が起こっている。

カーネギーメロン大学のOzan Tonguz教授は、交通渋滞を解消するためのユニークなアプローチを2009年から研究している。Tonguz教授が参考にしているのは、アリやハチ、シロアリといった社会性昆虫などの行動だ。

例えば、2つのアリの行列が鉢合わせした時、必ず数の多い方のグループが優先的に道を通り、その後で少ない方のグループが通って、渋滞は起こらない。Tonguz教授がCEOを務めるVirtual Traffic Lightsでは、こうした習性をベースにした「仮想信号機」システムを開発しようとしている。

このソリューションでは、車両通信用の無線通信技術DSRC(DSRCは、ETCやVICSですでに利用されている)を使い、車同士がV2V(Vehicle to Vehicle)の自律型のネットワークを構築する。独自に開発されたアルゴリズムによって、近辺を通行している車の数や方向が調べられ、どの方向に向かうグループが最大か判断される。大きなグループに属している車のディスプレイには青信号が表示されて、運転しているドライバーに「進め」という指示を出すという仕組みだ。

Tonguz教授によれば、既存の信号システムから、この仮想信号機システムに移行することで、交差点の通過にかかる時間が4~6割短縮され、事故も減少。さらに、交通機関のエネルギー効率が上がることで、二酸化炭素の削減や、都市の生産性向上も見込めるという。

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

外部サイト

昆虫の生態にヒントを得た仮想信号機が 交通渋滞を解消する?【サイエンスニュース】
ウマ過ぎて話題!行列のできるたこ焼き屋【下北さるき】
カメラにプレミアムなアクセサリーを! オリンパス「STYLUS XZ-10」をドレスアップさせる【CP+2013】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7377675/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP