ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaの“X Phone”、ケブラー繊維のボディで大容量バッテリーを搭載、Sony製のカメラセンサーを採用するというウワサ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


GoogleとMotorolaが“X Phone”プロジェクトの下で共同開発しているAndroidスマートフォンに関する新情報が『PhoneArena』で伝えられています。情報元は初期の試作機を目にした方からのものとされています。

これまで、“X Phone”はAndroidの次期バージョン“Key Lime Pie”を搭載した5インチ大画面スマートフォンで、『Nexus』デバイスはないものの、5月15~17日に開催される『Gogole I/O 2013』で新OSと共に発表されるとウワサされています。同サイトで伝えられていることによれば、ボディの強度を高めるために『RAZR』シリーズのようにケブラー繊維を採用し、『MAXX』シリーズ並に大容量のバッテリー(3000mAh以上)を搭載。画面サイズは5インチという情報もありますが、その方は4.8インチだと話したそうです。プロセッサはクアッドコアで、内蔵ストレージの容量は128GB。さらに、micro SDもサポートしているそうです。カメラのCMOSイメージセンサーにはSony製のものが使われているという。OSは標準のAndroidにほぼ近いとされています。
Source : Phone Arena



(juggly.cn)記事関連リンク
Pantech、1.7GHz CPUを搭載したハイスペックなAndroidスマートフォン「IM-A870K/L」を開発中
NTTドコモ、SmartTV dstick 01を抽選で7万名にプレゼントする「dstickプレゼントキャンペーン」の応募受付を開始
Xperia T LT30pのJelly Beanアップデートにおける変更内容を紹介

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP