体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話 ――田口ランディ+橘川幸夫

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話 ★田口ランディ+橘川幸夫

この記事は橘川幸夫さんのブロマガ『橘川幸夫放送局通信』からご寄稿いただきました。

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話――田口ランディ+橘川幸夫

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話
田口ランディ 橘川幸夫

田口
 AKBのみなみちゃんが、彼氏とお泊まりしたことを週刊誌にすっぱ抜かれて、頭を丸刈りにしてYouTubeで謝罪したんだ。そのことが話題になっているんだけどね、この丸刈り謝罪動画が、ナマゆえに妙にエロくてグロいんですよ。だって、二十歳の女の子が丸刈りして、YouTubeだよ。「AKB止めたくない!」って泣いていて、すごいなあ、そこまでして……と思ったよ。これって、橘川さんはどう思う?

橘川
 大騒ぎだね、みいちゃんの丸刈り問題。これは、「本質の橘川」(笑)から言わせると、自主体罰だとかいうことではなくて、もっと根本的な問題がある。それは「コンテンツ労働」という問題。AKB48がいわゆる通常の仕事で、彼女たちが会社員だとしたら、恋愛禁止なんてパワハラ以外でなく、会社組織としてブラックだ。会社法的には、そうなのかも知れない。だけど、それで片付けてしまうのは、これからの時代を潰してしまう。彼女たちは「仕事」なんだけど「仕事以上の価値」をアイドルやることで満たされている。大人は仕事としてか見てないのかも知れないが。

田口
「コンテンツ労働」ね、面白いね。土方は「肉体労働」、看護師やホステスは「感情労働」、SEは頭脳労働、で、アイドルは「コンテンツ労働」ね。

橘川
「コンテンツ労働」の問題って言ったけど、これは、80年代ぐらいから社会の問題として潜伏していたことなんだ。例えば、テレビのADというのは、ものすごい劣悪な条件で仕事している。テレビ局の社員は高給なのに。それでも仕事を続けるのは、その仕事が面白いし、タレントに会えるから。アニメーターも同じ。アニメの制作の仕事に携われるならと、ひどい条件で仕事している。出版なんかも、昔からそうかも知れない。雇う側は何と言うかというと「文句あるなら、やめていいんだよ、やりたい人はいくらでもいるから」と言うんだ。AKB48などのアイドルという仕事も同じような構造なのではないかと思う。

田口
 なるほど、コンテンツ労働は、肉体労働でも感情労働でも頭脳労働でもありえるのね。仕事以上のなんらかの価値を感じて労働すること……限りなくボランティアに近いソーシャルビジネスや、儲からないけど雰囲気のいい喫茶店のオーナーなんかもそうなのかな? そう思うと、いまやコンテンツ労働の時代と言えるね。

橘川
 そうそう、これからの労働のあり方なんだ。「仕事のような遊び、遊びのような仕事」ね。でも、そうなるためには、コンテンツの当事者が主体にならなくてはダメで、裏方が権力握るという構造を変えなければダメだね。コンテンツ労働というのは、「食うための労働」だけではなく「自分らしく生きるための労働」なんだ。

 AKB48が、普通の会社で、会社の規約に「恋愛禁止」なんてあったら、人権問題で訴えることも出来るし、組合作って団交だ(笑)。だけど、そうではない「労働」なんだな、アイドルって。そこのところを否定してしまうと、これからのコンテンツ・ビジネスのあり方が見えなくなる。そういう、新しい「労働」が生まれているのに、それを支える構造が旧態依然の越後獅子の親方みたいなことが問題なんだと思う。

田口
 はっはっは、秋元さんが越後獅子の親方ね。言いえて妙。いまじゃ二十歳はまだ子どもだからね……。みなみちゃんは特に幼い感じがする。周りに彼女を護る大人がいなかったことが……いまの芸能界の問題なのかもしれないね。必ずいるものだよ、親方に逆らって子どもを護ろうとする大人がね……。それがいなかったんだなあ……。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。