ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話 ――田口ランディ+橘川幸夫

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

この記事は橘川幸夫さんのブロマガ『橘川幸夫放送局通信』からご寄稿いただきました。

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話――田口ランディ+橘川幸夫

峯岸みなみの「丸刈り動画」についての対話
田口ランディ 橘川幸夫

田口
 AKBのみなみちゃんが、彼氏とお泊まりしたことを週刊誌にすっぱ抜かれて、頭を丸刈りにしてYouTubeで謝罪したんだ。そのことが話題になっているんだけどね、この丸刈り謝罪動画が、ナマゆえに妙にエロくてグロいんですよ。だって、二十歳の女の子が丸刈りして、YouTubeだよ。「AKB止めたくない!」って泣いていて、すごいなあ、そこまでして……と思ったよ。これって、橘川さんはどう思う?

橘川
 大騒ぎだね、みいちゃんの丸刈り問題。これは、「本質の橘川」(笑)から言わせると、自主体罰だとかいうことではなくて、もっと根本的な問題がある。それは「コンテンツ労働」という問題。AKB48がいわゆる通常の仕事で、彼女たちが会社員だとしたら、恋愛禁止なんてパワハラ以外でなく、会社組織としてブラックだ。会社法的には、そうなのかも知れない。だけど、それで片付けてしまうのは、これからの時代を潰してしまう。彼女たちは「仕事」なんだけど「仕事以上の価値」をアイドルやることで満たされている。大人は仕事としてか見てないのかも知れないが。

田口
「コンテンツ労働」ね、面白いね。土方は「肉体労働」、看護師やホステスは「感情労働」、SEは頭脳労働、で、アイドルは「コンテンツ労働」ね。

橘川
「コンテンツ労働」の問題って言ったけど、これは、80年代ぐらいから社会の問題として潜伏していたことなんだ。例えば、テレビのADというのは、ものすごい劣悪な条件で仕事している。テレビ局の社員は高給なのに。それでも仕事を続けるのは、その仕事が面白いし、タレントに会えるから。アニメーターも同じ。アニメの制作の仕事に携われるならと、ひどい条件で仕事している。出版なんかも、昔からそうかも知れない。雇う側は何と言うかというと「文句あるなら、やめていいんだよ、やりたい人はいくらでもいるから」と言うんだ。AKB48などのアイドルという仕事も同じような構造なのではないかと思う。

田口
 なるほど、コンテンツ労働は、肉体労働でも感情労働でも頭脳労働でもありえるのね。仕事以上のなんらかの価値を感じて労働すること……限りなくボランティアに近いソーシャルビジネスや、儲からないけど雰囲気のいい喫茶店のオーナーなんかもそうなのかな? そう思うと、いまやコンテンツ労働の時代と言えるね。

橘川
 そうそう、これからの労働のあり方なんだ。「仕事のような遊び、遊びのような仕事」ね。でも、そうなるためには、コンテンツの当事者が主体にならなくてはダメで、裏方が権力握るという構造を変えなければダメだね。コンテンツ労働というのは、「食うための労働」だけではなく「自分らしく生きるための労働」なんだ。

 AKB48が、普通の会社で、会社の規約に「恋愛禁止」なんてあったら、人権問題で訴えることも出来るし、組合作って団交だ(笑)。だけど、そうではない「労働」なんだな、アイドルって。そこのところを否定してしまうと、これからのコンテンツ・ビジネスのあり方が見えなくなる。そういう、新しい「労働」が生まれているのに、それを支える構造が旧態依然の越後獅子の親方みたいなことが問題なんだと思う。

田口
 はっはっは、秋元さんが越後獅子の親方ね。言いえて妙。いまじゃ二十歳はまだ子どもだからね……。みなみちゃんは特に幼い感じがする。周りに彼女を護る大人がいなかったことが……いまの芸能界の問題なのかもしれないね。必ずいるものだよ、親方に逆らって子どもを護ろうとする大人がね……。それがいなかったんだなあ……。

橘川
 秋元さんは、AKB48作る時に、友人の娘さんとか、片っ端に連絡とって誘っていたという話がある。実際、あれだけの仕掛けを作るには、相当なエネルギーと投資が必要だったと思う。単に一方的な搾取構造ではなく、ある意味、自腹切って賭けたギャンブルに勝ったみたいなところがある(笑)。

 僕は、今の若い子が、簡単に独裁者に従うほど、弱々しいとは思えないな。面従腹背というか、もっとしたたかだと思う。みいちゃんだって、バレなければ、秋元さんをだまし通せたわけで(笑)。ていうか、マスコミに出なければ、秋元さんだって見ぬふりしてただろう。

田口
 秋元さんが賭けに出て、 AKBの女の子たちもアキハバラでがんばってきた……ってのは、以前にドキュメンタリーで見たよ。そして大勝利したわけだね。勝つことばかり考えていたから、その後をどうするか……ってのは、あまり考えていなかったかもしれないよ。男が組織を作るとどうしても軍隊っぽくなっていくね。支配しコントロールするのに都合がいいからだろうか。人が多くなっていけば当然、統制のための規律も厳しくなる(ちょっと共産圏っぽい感じあったよね)。

 で、質問、コンテンツ労働を支える構造はどうあればいいの? そこに必要なのは何だろう。徒弟制度的なものに変わる構造ってなんだろう?

橘川
 まず、テレビとか出版社とか、中心が権力握って全体をコントロールする構造を変えなければダメだと思うな。同時に、コンテンツやる人間が自分でやれることをやること。インターネットで行われていることは、その構造との戦いみたいなもの。

 僕はずっと、若い人からの投稿雑誌をやっていたから、若い子のカタマリがいると、その中で面白い子がいないかなあ、と見てしまうんだよ。だから、AKB48がいると、その中にも面白い子がいるはずだと思ってしまう。光宗薫という女の子が人間的に良いな、と思っていたんだけど、ストレスためすぎて辞めてしまった。

田口
 私はAKBというグループには、そんなに関心はないんだ。同じくらいの年ごろの娘がいるから「娘たちがんばってるな、親は心配だろうな」くらい(笑)誰だって人から「面白いね」と言われればうれしいさ。だから冒険したくなる。それが若さってもんだ。自分もそうだったからね。だけど、みなみちゃんの謝罪会見のあの動画が出てしまったのは……「そこまでする必要はない」と判断できる大人がいなかったってことだ。まともな判断力があればあの映像は流れなかったと思うよ……。橘川さんも言ってたじゃない、「ネットには残ることが前提で発言しなきゃならない」って。

橘川
 僕らは、そうだけど、そうではない、もっと刹那的な世代が出てきているんだろうと思う。AVで、次から次から次に若い子が出てきた時に、驚いた。この子たち、20年したら、この記録残っちゃうけど、大丈夫なのだろうか、と。でも、そういう発想は、僕の方が親父として見ているからかも知れない(笑)。どんな恥ずかしい記録でも、その時は真実なんだから、残っても悔いはない、というのは、それはそれで、潔い(笑)。

田口
 AVかあ……。「なんでそこまで?そんなにかわいいのに?」って子が出てるよね。誰が観るかわかんないのに……って、オバさんはドキドキしてしまう。私が焦ってどうすんのって感じだよね。みなみちゃんもそうなのかな……でも……やっぱ一六歳の娘を育てている親としての自分が出ちゃうね。乗り込んで行って、親方に跳び蹴り喰らわして、ニ、三発平手打ちして、娘を奪還したい……って、思うよ……。きっと娘には「止めてよお母さんのバカア!」って嫌われるだろうけど、やっちゃう。親は嫌われてなんぼだ。

橘川
 わはは、奪還の光景が目に浮かぶね(笑)

田口
「コンテンツ労働」を業界や親方が仕切るのじゃなく、働いてる人たちが仕切るべき……というのはよくわかる。AKBの混乱を生き抜いた少女たちが、自分たちで次のコンテンツ労働を創っていったらいいよね。もっと橘川さんみたいな人がいっぱいいて相談に乗ってあげたらいいのになあ。

「付加価値を求める労働」って、ある特定の組織に所属していることを「自分の最大の価値」と思い込んでしまう場合もあるから、自尊心というものを育てにくくなる。「ここに所属している以外の自分がありえない」みたいな人が従事すると、ますます自分を無価値に思ってしまったりする。みなみちゃん、自分に自信がなくてあまり自分を好きになれなかったんじゃないかなあ……そう思うとね、「コンテンツ労働」にのめり込むのは怖いなあと感じるね。

 でも、人は成長していくし、いろんなことを乗り越えて自分と向き合っていくものだから……。自分の人生は自分しか生きられないし、自分の苦しみは自分しかわからない。二十歳でしょ、これからだね……、がんばれー!

橘川
 若い子は、どんな子でも頑張れと思う(笑)。

 みいちゃんの丸刈りビデオ、僕は、周りの大人が誘導したのではなく、本人の意思で、スタッフが協力したんだと思う。峯岸と仲のよいサシコが、同じようなトラブルで、博多にやられたから、彼女も「バレた時はどうするか」を、あらかじめ考えていたんではないかな。勘ぐり過ぎかもしれないけど(笑)。だけど、どうせやるなら、あの動画を有料課金したら、秋元康を超えられたのに(笑)

田口
 うわ、そうきますか……。さすが橘川さん。私は相変わらずどっちつかずで複雑な気分だな。

 母としては、少女をコンテンツ労働させるなら、もっとちゃんと護れと越後獅子の親方に言いたい。女としては、男の少女趣味は好きじゃない。

 だけど、だからって「あたし文化リテラシーの高いのよ」って感じでAKBを批判する気にはなれない。浦河べてるの家みたいに(例が飛びすぎ?)「じぶんたちで好きなことやって生きていく」っていう女の子たちが、自分たちで勝手にあんなグループ創って、がんがん歌ったり踊ったりできたら楽しいのにね。そしたら、好きなように恋愛もできるし(笑)子どももがんがん産んで、親子で舞台とかね、なんでもありだ。

 若者よ、掟は自分が創れ……!

○本原稿は、「チタ・グランディ」の登録会員向けに配信された、
メルマガから転載。
○「チタ・グランディ」は、田口ランディの表現と生き方に関心を
持つ人たちのコミュニティです。ただいま、無料メルマガ配信中。
詳しくは、こちらへどうぞ。http://bit.ly/WUyrEL [リンク]

「チタ・グランディ」事務局 橘川幸夫+淵上周平

執筆: この記事は橘川幸夫さんのブロマガ『橘川幸夫放送局通信』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP