体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめ

スマホやタブレットの利用者が増えてきているとは言っても、ビジネス文書作成では、まだまだPCへの依存度が下がってきているとは言い難い。特にワープロソフトはマイクロソフトの「Word」が圧倒的なシェアを誇る。ほかにもワープロソフトはあるが、無償か低価格なWord互換ソフトだったりするわけで、結局Wordの呪縛からは逃れられない。ビジネスパーソンであればスマホやタブレットもOffice系ファイルが扱えるアプリを入れておくのが大原則になっている。

まだまだWordがその座を譲ることはないと思われるので、便利なWordの小技を知っておいて損はない。およそ1か月ぶりとなるが、Wordのテクニックまとめをアップデートしておくので参考にしてほしい。

Wordで文字の入力のない部分にカーソルを移動する【知っ得!虎の巻】
やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめWordでは、カーソルは文字の入っている部分にしか移動しない。となると、たとえばちょっと下の方の離れた場所に次の文字を入力したいときには、そこまで改行したりスペースキーを押してカーソルを移動しないといけないわけだ。でも、意外とこれは面倒くさい。もっとパッと操作できないものかと思ったことがある人に、ぜひ教えたいワザがある。

Wordの表に斜めの線を付けたい【知っ得!虎の巻】
やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめ表にはよく斜めの線を付けることがある。そこにはデータが入らないということを示すような時だ。Wordでも簡単に表を作成することはできるが、いざ、斜線を付けようとして、どうやっていいか分からず悩んでしまう人も多いだろう。こんな時は[罫線を引く]を利用しよう。

Wordで文字列をサッと移動するワザ【知っ得!虎の巻】
やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめWordで文書を作成中、ある文字列を移動したい場合、どうしているだろうか? まずは移動する文字列を範囲選択し、それをドラッグして目的の個所でドロップしている人が多いだろう。しかしこのやり方は、移動場所が離れている場合にはやりにくい。かといって、切り取って貼り付けるのもちょっと面倒だ。今回は、そんな時に役立つ便利ワザを紹介する。

Wordに型抜きした写真を貼り付けたい【知っ得!虎の巻】
やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめWordの文書内には、写真を貼り付けることができる。でも、単に写真の画像データを挿入したのでは、元の画像を編集しない限り、いつも同じ四角形ばかり。ビジネス文書ならこれでもかまわないだろうが、時にはちょっとかわいらしく、ハート型に切り抜いた写真などを入れたいこともあるだろう。そんな時には、「塗りつぶし」を利用しよう。

書式をクリアして文字入力するWordワザ【知っ得!虎の巻】
やっぱりWordでしょ! 定番のビジネス文書作成ツール「Word」テクニックまとめWordで見出しのフォントや色、サイズを変更したり、飾りを付けたりしたあとで、続けて本文を入力しようとして、見出しの設定のまま入力されてしまって困ったことがないだろうか。いちいち設定を解除するのは面倒だが、実は簡単な操作で書式をクリアすることができる。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。