ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柴田トヨさん 『くじけないで』書いたからと、最期まで詩作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 98歳の詩人デビューで話題になった柴田トヨさんが老衰のため亡くなった。101歳だった。
 
 1911年生まれの栃木県出身。裕福な米穀商の一人娘だったが、10代の時に家業が傾き、料理屋などに奉公に出る。20代で結婚と離婚を経験、33歳で再婚し、戦中戦後を生き抜いた。詩作を始めたのは90歳の頃。一人暮らしをする母を心配した息子の勧めからだった。
 
 飾らない言葉で何気ない日々の生活を綴り、人生の喜びを謳った作品は、新聞の投稿欄の常連となり、2010年に刊行された処女詩集『くじけないで』(飛鳥新社刊)は150万部を超えるベストセラーとなった。現在では世界各国で翻訳され、絶大な支持を受けている。
 
「話題の主になって取材が殺到したとき、体調を心配した私が、もう詩は書かなくていいからというと、母は“私がくじけないでっていっておきながら、やめるわけにはいかない”といって譲らなかったんです」
 
 長男の健一さんが偲ぶ。
 
 昨年の後半から体調を崩し、詩作がままならなくなったが、ベッドの横には、いつもノートとペンが置かれていた。年明け8日に訪れた見舞客には、気丈に振る舞っていた。
 
「わざわざベッドから起き上がってお話ししてくれました。ファンがトヨさんの詩を待っていますとお伝えすると、“また頑張って書きますね”と、最後まで意欲を見せてくださっていたのですが……」(詩集の編集担当だった五十嵐麻子氏)
 
「クリスマスも迎えられない」など、医師からは何度も危ないといわれたが、持ち前の強さで正月を迎えた。しかし20日、ついに力尽き、静かに息を引き取った。
 
「母は、“葬式は楽しくやってほしい。ケンちゃん、あんたは話が上手だから、面白い話をして皆さんを楽しませてね”といっていました。いつも優しく、前向きな人でした」(健一さん)
 
 1月24日に行なわれた告別式では、会葬のお礼に「皆様に」と題された遺作が添えられた。以下、全文。
 
 お迎えが 何回か来たけれど/口実を作って お断りしてきたの/でも私も101歳 次は無理かもしれない/私のお葬式 たくさんの人が来てくれるかしら/その時は悲しまないで/トヨさんがんばったねって/声をかけてください/その言葉を励みに/天国でもしっかりと暮らしてゆきます/皆様のご多幸を/日差しとなりそよ風となって/応援します/今までありがとうございました/倅夫婦をよろしくお願いします
 
 最後まで、ユーモアと感謝の思いをこめたトヨさんの絶唱が残された。

※週刊ポスト2013年2月8日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
99才女性が葬儀費用で自費出版した処女詩集が90万部売れる
150万部『くじけないで』99歳著者が詩を書き始めたきっかけ
山田花子が6.6kgやせた「ホットヨーグルトダイエット」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP