ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年上好きだった男が年下好きになる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

内閣府の「子ども・子育て白書平成23年版」によると、平成22年度の平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳だという。

ちなみに、平成元年時点での平均初婚年齢は男性が28.5歳、女性が25.8歳となっており、20年ほどで男女ともに初婚年齢が上昇していることになる。
この数値は平均初婚年齢なので、都市部では特に30代の独男と独女は決して珍しくない。

しかし、30歳を過ぎると、同世代女子ではなく、20代女子へ関心を移す独男は多い。
「20代の頃は同世代と付き合っていた男性も、30歳を過ぎると、『やっぱり年下がいい』と言い出すんですよね」

そう語るのはユカさん(仮名・36歳)。
「男性も30代になると、少しずつ衰えを感じるようになるもの。すると、それを補うように、女性に若さを求めるんだと思います」。

実際、男性はどう思っているのだろうか。20代の頃は年上の女性が好きで、30代の女性とつきあったこともあるというカズユキさん(仮名・33歳)は、心境の変化をこう話す。

「30歳を過ぎた頃から、年下の女性に目が向くようになったのですが、その理由は二つあります。一つは、年齢的にも、周囲に年上の独身女性がほとんどいなくなったこと。もう一つは最近、親から『そろそろいい人を見つけて、孫の顔を見せて欲しい』と言われたことですね。それまで何も言われなかった分、『そんなことを思ってたんだな』とびっくりしました。結婚を視野に入れて付き合える子となると、自然に独身率の高い年下の女性に目が向く、というわけです」

ということは、独身であれば30代女性も恋愛対象に入る可能性はあるということか。そこでカズユキさんに「恋愛対象となる女性の年齢は?」と尋ねると、「18歳から45歳まで」だという。

「年齢に関係なく、女性は愛嬌が一番。ただ、愛嬌がよくて独身でも、35歳を過ぎて料理が苦手、という女性はちょっと…。20代前半ならまだしも、その年齢までどうしてたの、と聞きたくなるかも」。

同じく、20代後半に30代の女性と付き合っていたというツヨシさん(仮名・38歳)は、経験談を語る。

「若い頃は知らないことも多いから、いろいろなことを教えてくれる年上女性に憧れるんです。やはり男は母親的な存在といると、ラクですし、心地いいですから。けれど、年齢を重ねて知識や経験が増えてくると、女性からいろいろ言われると、『指図されてる』という気持ちになってしまうんです。すると、それまで年上女性に教わったことを、今度は自分が年下女性に教えて上げたい、という気持ちになるんですよ」

女性にとっては、ちょっと理不尽な気もする話だが、男性たちの素直な気持ちなのだろう。では、30代女性が同世代の男性の恋愛対象になるには、どうすればいいのだろうか?

「30代の男にとって同世代の女性の魅力は、まじめに仕事に取り組む姿勢やさりげない気配り。ただ、強いところばかり見せていると、男は弱いので引いてしまいます。たまに弱音を吐いてみせたら、男は『俺が一緒にいてやらなきゃ』と思うものですよ」

年齢を重ねるにつれて、ついつい強くなりがちな女性たち。無理に媚びる必要はないにしても、30代で「恋人・奥さん候補」になるには、男性が「一緒にいたい」と感じるような愛嬌と気遣いが必要なのかもしれない。(栗頭渋子)

外部サイト

年上好きだった男が年下好きになる理由
美魔女とイタイ女のボーダーライン
男性に不評の「ショッピングデート」を楽しく過ごす方法は?

(http://news.livedoor.com/article/detail/7374155/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP