ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美魔女とイタイ女のボーダーライン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

40代、50代になっても年齢を感じさせない“魔女”のような美しさを持つ女性を「美魔女」と呼ぶ。だが美魔女に明確な定義はない。若々しいメイクやファッションも一歩間違えれば“派手なおばちゃん”である。
バラエティ番組で「老いに抗う姿は痛々しい」と今田耕司さんは指摘し、「30代に見える50代女性よりも、30代女性のほうがいい」と有吉弘行さんは笑った。美魔女の合格ラインはどこにあるのだろうか?

商社に勤務するコウジさん(38歳)は「周囲にきれいな女性は多いけれど、“美魔女”はいない」と言う。

「僕のイメージの美魔女は、松田聖子。芸能人レベルの美しさがないと、男は美魔女とは認識しないかもしれませんね。本人は美魔女のつもりで20代と張り合っているアラフォー独女がいるけれど、見ていてコワイ。化粧が濃く爪も長くて、アレはむしろ魔女です」

既婚者の聡さん(36歳)は市民プールで困った美魔女を目撃したという。

「家族連ればかりの市民プールで目撃したのは、推定40歳過ぎの子連れ主婦の白ビキニ。たしかにスタイルはよかったのですが、おばさん顔とのギャップがありすぎ。そそられるというより物珍しさからつい見てしまいましたね(笑)」

美魔女ブームが、主婦をビキニ姿にしたのなら罪が大きすぎるだろう。その場にいた、聡さんの妻である広江さん(37歳)は編集者という職業柄、ビキニ主婦の心理を分析した。

「ビキニ主婦は20代のようなスタイルを見せびらかしたかったのでしょう。でも、市民プールは“女”を出す場所ではない。子どもにしたら『かーちゃん、やめてくれ』って話ですよ。でもビキニ主婦の場合、常識・恥じらいよりも自己顕示欲のほうが勝ってしまった。外国の太ったおばちゃんがビキニになるのとは意味が違います」

女性が美を追い求めるのは決して悪いことではないが、ブームに踊らされて不似合いな格好をしてしまったり自己顕示欲をだだ漏れさせたりすると、周囲は不愉快になり「イタイ女」の烙印を押す。

「キレイで若く見える40代女性の話をするとき、男の人は『あの人ならオレ、全然イケるよ!』と言うけれど、実際にいった話はあまり聞いたことがありません(笑)」

年下男性にもモテモテの美魔女、ハリウッド風に言えばクーガー女の存在はマスコミが作り上げたものなのだろうか? 「美魔女になれるか否かは、外見よりも経済力」とは由佳さん(35歳)だ。

「男性が現実的に“10歳以上年上女性との結婚もOK”という場合、女性の方に稼ぎがあることが多いですよ。たしかに、10歳上の女が専業主婦希望だとしたら、あまりにも男性にとってうまみがない気が……。男性が『美魔女アリ』というのは、自分が楽をしたいという気持ちもあるのでは? 美魔女は精神的にも大人だから、男は若い女といるときみたいに頑張らなくていい。それなのに『私の美貌で、こんな若いイイ男をゲットできた!』と思うのは勘違いだと思います」

たとえハイレベルな美しさを維持していたとしても、精神年齢までもが20代のままなら若さにしがみつく「イタイ女」。そこそこレベルのルックスでも内面が成熟していたら「美魔女」と認定されるのかもしれない。
リョウタロウさん(37歳)は10歳以上年上の女上司に惹かれているという。

「彼女は年相応に知識があり、人生経験も重ね、マネージャークラスにも諭すようにやさしく注意もでき、品があります。美魔女のような華やかさはないけれど、信頼できる大切な人です」

ちなみにこの女性はアラフィフだとか。じつは外見よりも内面を磨く方がよほど困難だが、中身があってこその美魔女である。谷間を見せるとかそういうことではない。(来布十和)

外部サイト

美魔女とイタイ女のボーダーライン
男性に不評の「ショッピングデート」を楽しく過ごす方法は?
女友達の結婚を祝福できないとき

(http://news.livedoor.com/article/detail/7372079/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP