ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

連覇の金爆をLinQが猛追! 1月のタワレコ全店インディーズ・チャート発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年1月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. ゴールデンボンバー “Dance My Generation”
2. LinQ 『CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ!』
3. 坂本慎太郎 “まともがわからない”
4. [Champagne] 『starrrrrrr/涙がこぼれそう』
5. MONGOL800 『800BEST -simple is the BEST!!-』
6. ゴールデンボンバー “女々しくて”
7. the cabs 『再生の風景』
8. EGG BRAIN 「DEAD UNICORN/VITAMIN & 50PUSH!!TOUR FINAL in AKASAKA BLITZ ONEMAN LIVE DVD」
9. かじのつよし with S9PER&Producer 嶋大輔 “☆星降る街角 -orden version-☆”
10. MIGHTY CROWN 『MIGHTY CROWN presents CROWN KILLER SINGERS』

 

1月のチャートを制したのは、前月に続き首位となったゴールデンボンバーの最新シングル“Dance My Generation”。昨年からメディアにひっぱりだこの彼らは、1月も「中居正広の金曜日のスマたちへ」「行列のできる法律相談所」といったTV番組に出演するなど注目を集め、2009年発表の人気曲“女々しくて”も前月に続いてトップ10入りを果たしています。

2位には、福岡を拠点に活動するアイドル・グループのLinQが、タワーレコード発のアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉から発表した両A面シングル『CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ!』が、集計期間わずか3日ながらランクイン。また、ドラマ「まほろ駅前番外地」のエンディング・テーマとして書き下ろされた坂本慎太郎のシングル“まともがわからない”も上位につけました。ほかにも、[Champagne]、the cabs、EGG BRAINといったロック系アーティストの新作や、MONGOL800のベスト盤『800BEST -simple is the BEST!!-』などが初登場となっています。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP